GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好む。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。リアルでも走っていた実績もあったりします。SIM機材に関する問い合わせが多く、一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売/整備/アドバイザーもビジネスとして。

レーシングSIM 速報~Automobilista 2の新着情報!

どうも!(○・∀・)ノ マイド!!

 

実は先に書いてた記事を書き終えた直後に、、、苦笑

( ゚∀゚)・∵ブハッ!!

 

Reiza Studioが手掛けるAutomobilista 2の新着情報が入ってきました。つい先日にもレーザースキャンされたコースマップも一部公開され、開発状況をアピールしてましたね。日々ワークし続ける彼等ですが、来年度のリリースに向けて着々と進んでいる様です。

f:id:GenesisPlanA:20191101112536p:image

ほんの2ヶ月ほど前には11月にベータアクセスをリリースする可能性とか情報を漏らしていましたが、やはり拘って製作している彼等だけに中途半端な形では提供したくないと考えている様ですので完成が待ち遠しいですね。

f:id:GenesisPlanA:20191101112636j:image

 

◻️最新情報(日本語和訳)

※短時間で端折って翻訳してますので表現が不適切な部分があるかも知れませんが、そこはご了承ください。

 

10月が終わりました。最初のリリースの前にAutomobilista 2の開発の後期段階に突入し、私たちにとっては1か月間の集中した作業でした。

多数の車とトラックの製作、更新、エクスポート、新しいゲームエンジンの内外の把握、必要な追加リソースの開発を数か月間かけて行った後、物事は形になり始め、可能性が現実のものになり始めています。焦点はSIMの肉と骨の組み立てから、ゲームをまとまりのある全体に微調整することに変わります。

それを達成するために、まだ、やるべきことが沢山あるので私たちがどこまで来ているのかおさらいをしましょう。

f:id:GenesisPlanA:20191101114640j:image

・AMS2リリーススケジュールの更新

それほど良いニュースではないかもしれないことから始めて、物事は計画されたスケジュール内で多かれ少なかれ順調に進んでいますが、ほとんどの主要な問題はすでにクリアされており、大規模なコンテンツベースがすでに整っていますが、12月から少しリリースすることを決定しました。

2019年から2020年3月まで。

これは私たちが軽く決めた決定ではありません。多くの人がAMS2が出てくることを(特に私達自身)熱望しています。そして12月までにリリース可能な状態になったとしても、コンテンツ、機能、 この3か月で遅延を正当化するだけでなく、最終的にAutomobilista 2の強力な発売につながる洗練さを与える事が出来ます。

初期の支援者にとっては、Automobilista 2 Betaが2月に利用可能になるので、待ち時間は少し短くなります。

次の2か月で、Automobilista 2の計画をより詳細に具体化します。これにより、待つ期間がより理解しやすくなり、耐えられるようになります。

とりあえず、ここ1か月間は次の通りです。

 

ゲームに登場し続ける多くのクールな車やトラック(この新しくて改良されたSuper V8など)の上に、シムのさまざまな重要な面で多くの基礎をカバーしました。

ハイライトのいくつか:

物理学とFFB-物理コードにいくつかの小さいながらも重要な調整を行い、バネ下慣性計算のバグを修正しました(AMS1で既に修正されていますが、このバージョンの物理エンジンではまだ修正されていません)。

また、AMS1で使用されているRealfeelシステムと基本的に非常によく似た新しいFFBシステムにも取り組んでいます(基本的には、ステアリングアームからFFBに加わる力を変換します)。

これらのギャップをさらに埋め、AMS1に由来する物理学の継続的な発展とSETAタイヤモデルの理解の高まりを組み合わせることで、非常に刺激的な結果が得られ始めています。今後2か月で、もう少し拡張していきます。 これらの改善点はどこから来たのかですが、今のところ、AMS2での全体的な物理学と結果としての運転経験が、私たちが達成したいと思った一歩を踏み出すと確信していると言えます。

AI=今月はAIに多くの注意が向けられました。 AMS2 AIとの主な違いの1つは、プレイヤーの物理がSMS SETAタイヤモデルを実行しているのに対し、AIはAMS1にあったものとほぼ同じ古いPacejkaモデルを実行していることです。

つまり、タイヤの種類ごとに両方のモデルを開発する必要があるため、AIにはプレイヤーの特性とパフォーマンスに合ったタイヤがあり、ストレート、コーナーのインとアウト、寒い、暑い、圧力がかかっている、雨が降っている、または日光と広範囲の難易度と攻撃性設定に微調整するための多くの変数が。

幸いにも、同様のAIコードとこの微調整プロセスについてかなりの経験があり、コードのどこかでAI機能を完全にパラメーター化することでSMSは非常に徹底しており、実験をより簡単に(まだ時間がかかるとしても)行っています AIを微調整して、すべての条件で望むように実行、動作、およびバトル出来るようにします。

物事をボード全体でスムーズに機能させる方法はまだいくつかありますが、プレビューで実証された良いニュースは、初期リリースで既にAMS1よりも良くないにしてもAIを得るために必要なリソースがあることです 。それから新しい機能を追加して、AIとのレースをこれまで以上に満足させてみてください。

 

・AMS2 Dedicated Tool

もう1つの重要なマイルストーンは、サーバーが必ずしもゲーム自体を介さずにマルチプレイヤーセッションをホストできるようにAMS2 Dedicated Toolをまとめることです。これは、リーグから受け取った主なリクエストの1つであり、幸運にもここではSMSに依存することができました。すでに途中で終わったものを提供してくれており、v1.0でリリース可能な状態になることを願っています。

・天気と気候

同様に、シム内のさまざまな場所でより正確な雨量、明るさ、温度範囲を実現するために、さまざまな天気と気候プロファイルでいくつかの作業を行っています。ブラジルのような大陸の割合の国でも重要です。気候は南部のトラックからさらに北のトラックまで大きく異なります。

これらの天気と気候のプロファイルは、さまざまな場所でどれくらいの雨が降るかに影響を与え、温度でどれだけ早く乾くかどうかに影響します。

海辺のイタリアのカートトラックで経験するような暖かい夏の日没を再現するのにも役立ちます。

 

・3Dアニメーション

今月取り組んでいる新しい分野の1つは3Dアニメーションです。ドライバーアニメーション、アニメーション化された群衆、ピットクルーなどにエンジンに付属しているアセットの一部を再利用できますが、やるべきことがたくさんあります。 サスペンションアセンブリは完全に3Dアニメーション化されているため、すべての車に必要です。 次に、ワイパー、振動コンポーネント、損傷、スイッチ、およびコックピットの内側と外側の両方の環境をより活発にするために追加できるさまざまなものがあります。

この分野で私たちがより早く進歩するのを助けるために、私たちは南アフリカのスタジオと提携しました。

 

・ヘレスがAutomobilista 2に登場!
Automobilista 2:ヘレスデラフロンテラは、80年代と90年代にいくつかのGPを開催し、近年も人気のあるテスト会場として継続しているスペインの豊かな伝統のあるトラックです。

f:id:GenesisPlanA:20191101120954j:image

ヘレスは、F1での歴史的な瞬間のいくつかを舞台に、セナとマンセルの間の1986年の古典的なフィニッシュから、1990年にマーティンドンネリーの大事故後のセナの記録的な第50ポールポジションビルヌーブシューマッハのタイトル決定までを行いました=1997年の衝突。

他の最近のトラックと同様に、ヘレスは正確なLIDARデータを使用してAutomobilista 2用にモデル化されており、シムの最初のリリースに含まれます。 また、このような歴史のサーキットに行くときも、いつものように、AMS2のリリース後の可能性が高いとはいえ、80年代まで使用されていた歴史的なレイアウトを含める予定です。

ヘレスは、AMS2 Early Backing Campaignからの流入のおかげで、ライセンシングとプロダクションを迅速に処理することができたトラックの1つでした。

・Automobilista 2コミュニティスキン

先月、AMS2 Early Backing Campaignに参加した人は、シムのさまざまな架空または半架空のシリーズのいずれかに対して独自のカラーリングを作成することにより、Automobilista 2に参加する機会があることを発表しました。

すでにいくつかの素晴らしい結果が出ており、いくつかのドライバーはすでにこの美しいF-V10のようなAMS2グリッドでの地位を獲得しています。

f:id:GenesisPlanA:20191101121424j:image

あなたもAMS2の一員になりたい場合は、まだ時間があります。AMS2の早期バックキャンペーンをチェックしてください!

f:id:GenesisPlanA:20191101121629j:image

10月は以上です! リリースはもうすぐそこまで来ていないかもしれませんが、Automobilista 2の2020年のロードマップを概説しているので、年末までに楽しみが沢山あると確信しています。 

 

 

以上!今回の情報はここまで!

残念ながら動画のリンクを貼れません。

YouTubeで御覧になって下さい。

(*・ω・)*_ _)ペコリ

 

手の動きを含めて情報から読み取れるのは物理演算ソフトにProjectCARSのものを流用して発展・開発が進められているとの情報から、正しくそんな感じの動きをしていました。車体の動き、ステアリング操作の切れ角とか見てると近しい感じではあります。

f:id:GenesisPlanA:20191101125145j:image

CARS2みたいに切れ角が大きいと個人的には少し苦手なステア操作なので、これがGTカーとかで、どんな感じに仕上がっているのかが実際にプレイしてみないことから気になるポイントのひとつではあります。

(๑•̀ㅁ•́ฅ✨

 

また、何かしら進捗がありましたら掲載したいと思ってます。

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕