GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好んでプレイしています。FANATECユーザーになってからは長く、他機種も含め扱った実績は多いです。race経験者だったということも相まってか何かといろいろな問い合わせが多いのでブログを開設しました。試した事や色んなレビューをYouTubeなどの動画配信と併せて記録として残していきたいと思っております。GenesisPlanA(巷ではジェネさんと呼ばれています)。海外勤務=在住もあり、語学力はそこそこ。海外の情報も耳をダンボにして収集してたりします(笑)呟き風にお届けします。

CodeMastersがSlightly Mad Studiosを3000万ドルで買収したそうだゾ!?

(○・∀・)ノ マイド!!

 

ちょと海外の速報です!

CodeMasters(コードマスターズ)がPROJECT CARSでお馴染みのSlightly Mad Studiosを3000万ドルで買収されたとの情報。

Σ(゚Д゚ノ)ノ

f:id:GenesisPlanA:20191129093905p:image
f:id:GenesisPlanA:20191129093909j:image

Project CARSのスタジオSlightly Mad Studiosは、3年間の獲得条項に基づいて6700万ドル上昇する可能性のある取引に同意。

Codemastersは、Project CARSの開発者であるSlightly Mad Studiosを3,000万ドルの初期費用で買収しました。

この買収により、Slightly Madのレーシングの専門知識が、Codemasters組織に齎されることとなります。Codemastersは、このジャンルで確立された専門家でもあります。 Slightly Madの150人からなるチーム全体が取引の一環として移行されます。

f:id:GenesisPlanA:20191129093932j:image
f:id:GenesisPlanA:20191129093929j:image

3,000万ドル(2330万ポンド)の前払い(現金で2,500万ドル、後に500万ドル)を支払いますが、3年間でSlightly MadのEBITDAに基づくアーンアウト条項は、更に高い価値をもたらす可能性があります。

 

◻️Frank Sagnier, Codemasters(フランク・サニエ、コードマスター)とは

フランク・サニエCEOは、CodemastersがSlightly Mad Studiosを買収することで、レースの分野でグローバルリーダーが生まれることになります。AAAの品質と作成するすべてに注ぐ情熱に焦点を当てています。

f:id:GenesisPlanA:20191129161203j:image

両社は、一流のIPとゲーム業界の最高の才能に支えられた刺激的な製品開発パイプラインとともに、世界的に有名な成功したフランチャイズを数多く持っています。

 

◻️今後の展望

規模を拡大したコードマスターは、多様化された予測可能な収益源と、はるかに幅広い視聴者に優れたエンターテインメントを提供する機会が与えられます。 将来のレーシングフランチャイズを作成していくために協力していく。

f:id:GenesisPlanA:20191129094506j:image

Codemastersは、1986年の創業以来、実質的にレーシングゲームを制作しており、ロンドンに拠点を置くSlightly Mad Studiosは2009年に設立されました。しかし、ビジネスの10年で、Slightly Madは、 2015年のProject CARSと2017年のProject CARS 2で絶賛されたタイトルをもっており、Slightly Madには3つのプロジェクトが開発中であることにもCodemastersは注目しました。

f:id:GenesisPlanA:20191129092355j:image

新しいモバイルゲームであるProject CARS Go。ハリウッドの大ヒット映画シリーズに基づいているとされている作品Fast&Furious。 3番目のタイトルは、Slightly MadのIPに基づいています。

残りの500万ドルは、次の会計年度に大ヒット映画のフランチャイズに基づいてゲームを開始するときにSlightly Mad Studiosに支払われます。

Codemastersは、1株あたり2.10ポンドの価格で、新しい株式を発行することで取引資金を調達するために2,000万ポンドを調達します。 ただし、所有権の最初の1年での買収の結果、1株当たり利益は30%増加すると予想しています。

 

◻️Slightly Mad Studiosはどうなってしまうのか

ゲーム用ハードMAD BOXの開発や次世代のProject CARSシリーズの製作など精力的に取り組んできたSlightly Mad Studios。特にゲーム用ハードの開発費用や、そのハードの登録商標問題などがあり、難儀していた部分もあったと思われます。CodeMastersは資金力も申し分なく、Slightly Mad Studiosのバックアップする形で関与され、ある意味、見方を変えると負担が減ったのかも知れない。

f:id:GenesisPlanA:20191129093129j:image

開発そのものに関しては問題ないですが、ここのところCodeMastersが関与したタイトルには、その影響かコドマスの色が少し入っている部分も伺えますよね·····。

 

 

 

それでは!速報でした!

 

では!

アディオス!!( -`ω-)b💕