GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。リアルでも走っていた実績もあったりします。SIM機材に関する問い合わせが多く、一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売/整備/

FANATEC/Podium DDのFirmwareによる大規模アップグレードについて

(○・∀・)ノ マイド!!

 

FANATEC PodiumDDシリーズに関してのFirmwareアップデートV352についての情報です。

f:id:GenesisPlanA:20191218145013j:image

2019年12月16日にトーマス・ジャッカーマイヤーCEOが情報公開し、この様に述べております。

 

◻️Podium DDの大規模アップグレード! はるかに忠実で高速な応答に!
今年初めにPodium Direct Driveシステムが発売されたとき、ベルト駆動ホイールベースと比較して改善されたTuning Menuシステムが含まれました。 いくつかのドライバーとFirmwareの最適化が続き、FanaLabはすべてのバージョンでより柔軟で強力になりました。

本日、ベータ版ドライバーパッケージ(v352)として利用可能なPodiumシリーズの最初のパフォーマンスアップデートを導入します。 これには、DD1(PS4バージョンを含む)およびDD2ホイールベースとモーターの主要なドライバー最適化とFirmwareの更新が含まれます。

f:id:GenesisPlanA:20191218144956j:image

◻️FFBの最適化

・FFBレイテンシーを23%削減

レイテンシーはシミュレーションの敵であるため、レイテンシーの低下はフォースフィードバック(FFB)のすべての面で一般的なパフォーマンスの向上を意味します。
・FFB信号の解像度を8ビット(256刻み)ではなく16ビット(65536刻み)に向上

これもスムーズさと応答に役立ちます。 忠実度は256倍になりました!
・FFBの直線性の向上

より線形な応答は、ダイナミックレンジ全体でより一貫したトルク伝達を意味します。
生のFFB信号により正確に似せるために、大幅に少ない「損失」でモーター制御を改善しました。 簡単に説明すると、以前のモーター処理はノイズの多いFFBでわずかなフィルターのように振る舞いましたが、ディテールも減少しました(1:1ゲームFFBは非常にラフでノイズが多いため、「Force Interpolation」と呼ばれる新しいフィルターをチューニングメニューに追加しました。
振動動作を改善するためのスプリング効果計算の改善。
ダンパー効果の計算が改善され、振動動作が改善されました。改善された自然摩擦計算。

f:id:GenesisPlanA:20191218145131j:image

◻️新しいFFB機能

直線性モード「LIN」は、最大FFB出力をわずかに減らして、ピークと保持力の間で一貫した出力を保証します。 ゲーム出力とトルク出力間の一般的な直線性が改善されました。
Force Interpolation「INT」(OSW / SimuCubeの「Reconstruction Filter」に類似)は、着信ラフゲームFFB信号をフィルタリングおよび平滑化し、リフレッシュレートを上げます。 たとえば、60Hz FFB信号(例:iRacing)はグラフ上で大まかなステップのように見えますが、このように感じることもありますが、Force Interpolationを使用すると、信号は滑らかな曲線として再作成されます。 FEIと比較して、このフィルターはレイテンシーにそれほど影響を与えず、より優れた平滑化アルゴリズムを持ち、効果を完全に除去しないため、はるかに強力です。
Natural Inertia "NIN"は、ステアリング軸の追加重量をシミュレートします。 これは、P1やMcLaren GT3などのライトホイールを使用する場合に特に便利です。 また、自然な摩擦の設定は、方向の変化で「べたつき」が少なくなります。
 f:id:GenesisPlanA:20191218145148j:image

◻️その他の注目すべき変更と修正

すべてのチューニングメニューパラメータは、より論理的な順序に再配置されました。 リストはゲームから独立したステアリングに常に影響を与える設定から始まり、ゲームエフェクトのみに影響するFFB設定、バイブレーションエフェクト、接続されたハードウェアに依存する設定が続きます。
チューニングメニューに動的なツールチップを追加しました。これにより、OLEDがより効果的に使用され、チューニングメニューの調整がより直感的になり、初心者にとって威圧感が少なくなります。

f:id:GenesisPlanA:20191218145209j:image
このアップデートにはさらに多くの改善と修正が含まれています。

変更点の完全なリストはフォーラムで入手できます。

f:id:GenesisPlanA:20191218145239j:image

Podiumホイールベースをお持ちの方はぜひ試してみることをお勧めします! また、最適化の多くはファームウェア内にあるため、チューニングメニューとモーターパフォーマンスの改善はコンソールにも適用されます。

 

私が以前に感じたFFBの伝達で「ん?」と感じた違和感はこれで幾つか解消されたのか。新しいハードであるが、まだまだ進化はし続けるものと思われます。また、Podiumの進化の過程で既存のベルトドライブであるハードにももしかしたらフィードバックされる可能性もあります。

 

以上、DDユーザー様へ情報提供でした。

 

では!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕