GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好んでプレイしています。FANATECユーザーになってからは長く、他機種も含め扱った実績は多いです。race経験者だったということも相まってか何かといろいろな問い合わせが多いのでブログを開設しました。試した事や色んなレビューをYouTubeなどの動画配信と併せて記録として残していきたいと思っております。GenesisPlanA(巷ではジェネさんと呼ばれています)。海外勤務=在住もあり、語学力はそこそこ。海外の情報も耳をダンボにして収集してたりします(笑)呟き風にお届けします。

ThrustMaster新型ペダル T-LCM Pedalsとは?

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

あのthrustmasterから新型ペダルが出るらしいとの情報が。まだ詳細は明らかにされていませんが、現段階で知り得た情報をお知らせします。※公式でも載ってません。

f:id:GenesisPlanA:20200121112437p:image

◻️スペック

アクセルとクラッチは磁気センサー、ブレーキはロードセルとなっている。踏力の調整は6段式となっているが、MODで調整するかは図面や写真を入手してないので不明。恐らくはラバーMODかと思われます。

T3PA-Proの様にひっくり返して吊り下げ式に出来るかは今のところ不明です。

接触磁気センサーの採用は接点不良の回避を目的とした選択だと思われます。最近、安価なサイドブレーキなどにはこれを採用している事が多いです。メリットがあるかどうかは内部構造を見ないと詳細は分かりません。

>>>>追記>>>>

ペダルアームは金属製で、ハニカムデザインの肉抜きが施された構造である事が分かりました。

※側面から見るとハニカム(六角形)

ハニカム穴は単相で突き抜けた構造になっている様です。何故ハニカムにするのかと申しますと、強度確保と軽量化が主だったところです。例え数g重くとも踏み込んだ際のレスポンスやフィーリングに関係しますので、余計なウェイトは要らないと考えている設計だと思います。

f:id:GenesisPlanA:20200121112812p:image

◻️気になる価格は?

どうやらFANATECのCSL elite Pedalがターゲットにライバル視している様で、価格はそれに近付けるのではないかと見ています。CSL elite Pedalは本体が1万+ロードセルキットが17000円程(シップコスト+税別)で販売されています。

既存のT3PA-Proの海外での適正価格帯が約25000円前後で取引されていますので、そこら辺が狙い所と見ているのかな?とも思えます。

FANATEC CSL elite Pedalsは殆ど金属であるのに対し、ThrustMaster製のT-LCM Pedalsは殆どの部分が樹脂リッチ(エンプラ率が高い)ので、相当コスト面で苦労している様子。何にせよ、スラストマスターユーザーには朗報かと思います。なんと言ってもロードセルブレーキがデフォルトで実装される訳ですからね!

f:id:GenesisPlanA:20200125115432j:image

>>>>追記>>>>

どうやらベールを脱ぐのは2月13日という情報が入ってきました。価格に関しても現時点で$199.95と初動段階の情報として入ってきてますが、もしかしたら少し高騰するかも知れません。(特に日本のネットショップ)

 

 

今後、何か詳細が分かりましたらブログにてお知らせしたいと思います。

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕