GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好む。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。リアルでも走っていた実績もあったりします。SIM機材に関する問い合わせが多く、一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売/整備/アドバイザーもビジネスとして。

NFS HEAT アップデートV1.05でハンコンに対応しましたゾ!

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

先日の夜(2020年1月28日)にNFS HEATにアップデートV1.05が適用され、ハンドルコントローラー(ハンコン)に対応しました。例によって私の今の常時運転機種のうち、FANATEC CSL eliteでセッティング&試走してみました。今回のテストに用いたソフトはPlayStation4です。

(๑•̀ㅁ•́ฅ✨

f:id:GenesisPlanA:20200129112051j:image

何故、CSL eliteを持ち込んだかと言いますと、公式でテストしたハンコンの機種に該当していたからです。以下、該当機種の一覧になります。

 

Thrustmaster T300RS (PS4, PC)
Thrustmaster TX (Xbox, PC)
Thrustmaster T150 (PS4, PC)
Thrustmaster TMX (Xbox, PC)
Logitech G29 (PS4, PC)
Logitech G920 (Xbox, PC)
Fanatec CSL Elite Racing Wheel (PS4, PC, XB1)

f:id:GenesisPlanA:20200129090135j:image

これら意外は動く可能性があると、可能性の話で止まってますので、私が所有している他の機種であるFANATEC Podium DDでは動かない可能性がありました.......なので、今回は試しませんでした。

 

◻️ボタンの割り当ては

基本的にボタンの割り当てはデフォルトで、個別で割り当てる事が出来ませんでした。これはもしかしたら、後のアップデートでその機能を盛り込むかも知れません。公式では謳っていませんが、この機能付与は試験的に実装している様で、ユーザーから何らかの反応があれば改善していく可能性はあります。

f:id:GenesisPlanA:20200129083650j:image

各種ボタンの割り当て、そしてツーペダル固定となっています。シフトチェンジに関してはオートマチックとマニュアルの切り替えは可能です。FANATECだとするとシフターをシーケンシャルに切り替えておけば其方とパドルは連動してますので、どちらも作動する事を確認しました。

( ´ ω ` *)

 

◻️走行インプレ

先ずはデフォルト設定のFFBで初動段階で試走。ステアリングが、ただ重いだけでボヤっとしているので、路面からのインフォメーションを感じられる設定を探ってみました。

f:id:GenesisPlanA:20200129085916j:image

私の場合はこの様なセッティングにしてみました。

デッドゾーン:0

フォースフィードバック:100 ※本体側で30%

・タイヤの作用力:70

・ハンドルスプリング力:25

・ハンドル制動力:30

・ハンドル表面力:60

・ハンドル衝突力:50

 

これで、だいぶメリハリのあるFFBが感じられるようになりました。しかし、デッドゾーンを0にしてもステアリングセンター付近では若干のデッドゾーンが存在しています。ですが不自然な感じではありませんでした。走ってみた感じ、初動段階の実装としては、まずまずな印象です。

パットだとライブチャットでステアリング等の微調整が出来ますが、ハンコンだとこの部分が封印されており調整は出来なくなっています。

コーナーリング時に、または進入時にブレーキングも併用して荷重移動を強制的に掛けてあげると、そこそこ良く曲がります。サイドブレーキと併用すればクランク状のコーナーも差程悪くはなく、それなりにテストして吟味した傾向が伺えます。

(*´・д`)-д-)))ソゥソゥ

f:id:GenesisPlanA:20200129084245j:image
f:id:GenesisPlanA:20200129084251j:image
f:id:GenesisPlanA:20200129084249j:image

私の個人的な主観として、予想通り後方視点では操作は難しかったので、最終的にはボンネット視点での走行となりました。こうするとステアリングが切れる回転軸は、ほぼ合っていますので走ってて違和感は少ないです。後方視点での操作は慣れが必要ですが、通常から後方視点でのプレイヤーなら違和感なく操作出来るはずです。

( ˘•ω•˘ ;)ムズカシイ…

 

◻️時折、FFBが.......

テスト走行中に予兆と共に一気にFFBが無くなるというバグがありました。私の場合はFANATEC CSL eliteでの走行でしたので、他のハンコンでも出るのかの検証はしてませんが、走行中、又は高速巡行中にステアリングからガクガクとした小刻みな振動が感じられるようになり、最終的にFFBそのものが無くなる.......。この現象は恐らくバグだと思います。

f:id:GenesisPlanA:20200129085859j:image

もしかしたらPlayStation4本体の個体差があるかも知れません。この症状は他のゲームでも昔ありました。今後のアップデートで直るかも知れませんが、一気にFFBが無くなったと思ったら、数分後に復活するという症状は、プレイしている最中に何度かありました。

 

◻️その他のアップデート内容は

・チャットホイール

Need for Speed Payback」のエモートホイールが再び復活!今回もチャットホイールのベースとして使用していますが、エモートの代わりに用意されたメッセージをゲーム中にクルーやライバルたちへ送ることができます。
レーサーについてくるよう伝えたり、チャレンジを申し込んだり、彼らの運転を褒めたりしましょう。ボイスチャットを使用していなくても、ボタンを押してフレンドとやり取りできます。 

・マップキー

マップキーを手に入れることでパームシティの秘密が明らかになります。実際のお金で購入可能。これで収集アイテム、アクティビティ、ガソリンスタンドといった場所がゲーム内マップに即座に表示されます。

あなたの代わりにアクティビティをクリアしたり、ストリートアートを集めてくれるわけではありませんが、これらの場所は明らかになります。探索のためにスピードを落とす必要はありません。更にすべての隠れ家へのアクセスも手に入ります(1か所を除く)。これはストーリーを進めることでアンロックされます。

QOL改善点(快適性向上のための変更)

ガソリンスタンドに立ち寄ることで、ペイントダメージと擦り傷を綺麗にできるようになりました。また、マニュアルシフトを使用しているプレイヤーから、ガレージから出た後に誤って再度ガレージに入ってしまったり、イベントを開始してしまうことが頻繁にあるという報告を受けました。アクションを行うためにただボタンを押すのではなく、ボタンを長押しする仕様に現在は入力設定を変更しています。

 

◻️今後のアップデート

1月以降、作品にまた別のアップデートを行います。詳細は時期が近くなったら説明しますが、どうやら追加車種が続々と実装される様です。

 

 

今回はこの辺で!では!

アディオス!!( -`ω-)b💕