GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

コックピットのあれこれ。いろいろ紹介していくゾ!part 1

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

レーシングSIM愛好家には拘りの逸品、コックピット。日本のマーケットでポピュラーに出回っているものが手に入りやすいから重宝される部分もあるけど、やっぱり少なからず妥協している気持ちってあるんじゃないかな?と思います。某ネットショッピングも然り、友達からのクチコミも然り、参考情報としてそれ等を購入し、日々使っておられると思います。

f:id:GenesisPlanA:20200311131449j:image

しかし、日本国内では出回っていないものでも魅力的でコスパに優れたコックピットって世界広しといえ、強度重視の無骨なデザインから、機能美も持ち合わせたものまであって、沢山のブランドやら種類がほんと多いです。

愛用しているステアリングコントローラ等を設置する上で、ベストポジョンは特に重要であり、コックピットのフレーム強度は無視は出来ません。特に流行り始めてきたDD(ダイレクトドライブ)などは発生するトルクも大きいので、ドライビングしてる最中にグラ付きや撓みがあると、正確な制御をするにも阻害してる部分も出てきます。

f:id:GenesisPlanA:20200311131848j:image

そこら辺も踏まえて、今回は一般的に御目見えする定番のコックピット紹介やら海外のものまで私が知り得る部分の一部を紹介出来たらいいな!と思っています。

 

数が多いので、このシリーズは何回かに分けて紹介していきます。今回はpart 1でお届けします!

(˙꒳˙ก̀)

 

◻️Playseat

f:id:GenesisPlanA:20200311132040p:image

よく御目見するコックピットのPlayseat(プレイシート)ブランド。実は種類が豊富ですが日本のマーケットでは全てのグレードは出回っていません。

日本に此方のタイプは背中が折り畳めるタイプで気持ちだけコンパクト化が可能です。シートはバケット型で身体がスッポリ収まりますので快適なドライビングポジョンに一役買ってます。シートポジションはステップフレームの部分がスライドするので伸縮可能。ステアリング高さとペダルの角度が調整出来ます。

ただ、大きな踏力を要求するロードセルブレーキなどは、ペダルのステップ部分が根本支持なのと1枚ものの平パネルなので、ブレーキング時に先端にかけてやや撓みます。Logicoolやスラストマスター等の定番ハンコンならば特には問題ないかと思います。

シート根元からアームが出ているタイプもありますが、此方のタイプより強度的には劣る傾向がある様で不満を持つユーザーも少なくありません。

Red Bullモデルや、DiRT4モデル等、ジョイントモデルもあり、多種多彩なラインナップを備えます。

価格変動が大きいですが適正価格は大体4万切るレベルが買い時か。一時は3万5000円位でも売られていました。

 

▫️Playseat challenge

f:id:GenesisPlanA:20200311133911j:image

ハンコンを装着したまま折り畳める、汎用性の高いPlayseat challengeも人気。上質なアルカンターラ生地が非常に丈夫で耐久性も申し分ありません。細かい調整箇所があり、裏太ももや、お尻の張り具合まで調整は可能です。あまりの座り心地の良さに寝てしまった事もあったりします(笑)

個人的にLogicool G29や、スラストマスターT500RSやFANATEC CSLでも使用実績はあります。

最近では中国製のコピー商品が海外でも売られています。

 

◻️ロッソモデロ

f:id:GenesisPlanA:20200311133933j:image

Logicoolやスラストマスターユーザーで、私の周りでも最も多いのが、このロッソモデロ。GTD RS SPORTはすっかりお馴染みのグレードですよね。
f:id:GenesisPlanA:20200311133936j:image

太めの丸パイプをベンダー(パイプを曲げる機械)で丁寧に曲げ処理を施し、各溶接部分も仕上げは綺麗です。価格的には約8万弱程します。シフター台とかのパーツはオプションで、お値段は少し高めな感じです。

f:id:GenesisPlanA:20200311134537j:image

ベストポジョンを得るには、スライドレールで前後させるか、ステアリングの奥行きを調整します。予め傾斜が少しついていますので多くのステアリングホイールのモデルに対応は可能だと思います。しかし、DDホイールでは通常のハンコンとは異なり、傾斜がついた設計になっていないもので、角度に対する調整機構付き取り付けステーが付属していないものでは、設置した際のステアリング角度に違和感を感じるかも知れませんね。

ステップの部分がやや突き出してる事から、設置する際のスペース確保は広めに取っておいた方が宜しいかと思います。

 

◻️STRASSE(シュトラーセ)

f:id:GenesisPlanA:20200311135219j:image

STRASSEブランドはそんなに昔からある訳ではありませんが、ここのところ人気が高くなってるコックピットです。調整箇所が非常に多く、フレーム全長、ステアリング高さ、ステアリング角度、ペダル位置を前後にスライド可能であり角度も調整可能。シート高さ、シート取付け角、そしてリクライニング機構付きのセミバケットシートという構成となっています。シートに関してはフルバケットのタイプもありますが、リクライニング機構付きの方がシート厚みもあり、リクライニングも備わってますので、レーシングSIM意外のゲームや長時間のプレイでも疲れないようになっています。

全長が調整可能という事も相まって、同クラスのコックピットよりもコンパクト化が可能な点も設置スペースに対してはメリットあります。

シフター台も予めセットになっており、別途買う必要は無く、到着したその日からフルセットで遊べてしまう。気になる価格は5万と、コスパに優れたパッケージになっています。

オプションも豊富で、可動式のキーボード台、ヘッドホンフック、ドリンクホールダー、サイドブレーキ台もあったりします。

強度的にはLogicoolやスラストマスター等のハードも問題無く使えます。FANATEC CSLやCSWでも強度不足はあまり感じませんが、微妙な撓みが気になる様でしたら強度アップ用の追加フレームも販売されています。この事からステップアップに応じて肉付け出来るシステム構成になっています。

最近ではFANATEC Podium等のDD需要に対して、通常テーブル台を換装する、専用のテーブル台もリリースされました。

f:id:GenesisPlanA:20200311141337j:image

モニター台(シングル、3画面の2タイプ)も予めフレームにセット出来る様に設計されており、トータルパッケージとしては視覚的にも纏まり感のあるコーディネートも出来ますね。

黒/黒か、シルバー/赤(シート)の2タイプが選べます。

 

◻️NEXT LEVEL RACING①F1 GT

f:id:GenesisPlanA:20200311141830j:image

F1スタイルが好まれるユーザーで尚且つGT路線も併せ持つ、やや寝そべった形でフットアップして着座するスタイルのコックピットです。そのプレイスタイルから腰への負担を軽減するために厚めのクッションが付属しています。

f:id:GenesisPlanA:20200311142208j:image

シートにスライドレールを実装していませんが、ペダル台の奥行きが調整可能となっており窮屈感はありません。ペダル角度や、ハンコンを固定する台座も高さ調整は可能です。ペダル台は根本支持設計になっていますが、パネルに曲げ加工を施してありますのである程度の強度は確保されており、撓みに関してはほぼ感じられません。

 

◻️NEXT LEVEL RACING②GT Ultimate V2

f:id:GenesisPlanA:20200311143111j:image

同ブランドの中でハイクラスなグレード。某ゲームチャンネルの〇者さんも使っています。シートとステアリングフレームは外すことが出来るので、万が一の収納にも一役買っています。見た目は華奢そうですが、そこはNEXT LEVEL RACINGブランドですから撓みは殆どありません。各部の調整機構も充実しており、日本国内で手に入るコックピットの中では12万円クラスと値段もお高く、クラス上位に位置します。シフター台や専用マットなどのオプションもありますが、個々の値段は高めな設定です。

 

◻️長谷川工業ドラポジ

f:id:GenesisPlanA:20200311143927p:image

全てが長短個々のアルミフレームで組み立てていく、軽量であり強固なコックピットです。特殊な工具は必要なく、各部位はブラケットを当ててネジを締めていく事によって固定するスタイルです。最近ではDD需要も高まってきた事で、この辺のレペルを求めているユーザーなら購入対象になると思います。

f:id:GenesisPlanA:20200311145041j:image

各部位の調整にはブラケットを固定しているネジを緩めて、フレーム溝をスライドさせる事によって適正なポジョンが得られます。ペダル角度に関しては少々難儀しますが細かく微調整出来ますので慣れが必要です。

オードソックスなアドバンスセット(シート含まず)で8万を超えるので、欲しいパーツをフルセット揃えると、それなりに金額はいきます。

 

◻️APIGA AP1

f:id:GenesisPlanA:20200311145427j:image

先に触れたSTRASSEと同じ角パイプフレームですが、側面のパネルはハンコン台の縦横への撓みに対して剛性を確保する様に設計されています。セミバケットタイプのシートとフレームを含めた各部の調整は可能となっており、ペダル角度も含めてベストポジョンが得られやすい。ステアリング角度は斜めに伸ばす設計になってます。

価格は5万円を切る価格で販売されています。

シフター台や、キーボード固定台、マウス台、モニター台等は全て別売りです。

DD需要には対応していないので、Logicoolやスラストマスター等のハードなら問題無く使用可能です。恐らくFANATEC製品はDD以外なら可能です。

 

◻️RSEAT RS1

f:id:GenesisPlanA:20200317091729p:image

高級ブランドの位置付けになるのかな?と思われるのがこちらのRSEAT(アール・シート)。写真のグレードはRS1というものでRSEATブランドの中でも少し安い部類になる。太いパイプをベンダーで曲げた美的にも美しいメインフレームをはじめ、強度的には何ら問題なく強靭な作りになっています。RS1は片持ちアーム式で、左側からの着座は何も邪魔するものは無いので開放感と利便性を兼ね備え、機能性を追求したモデルになっています。

f:id:GenesisPlanA:20200317092133j:image

オプションも多彩で、キーボード台やらサイドブレーキ、スピーカー台等々が細かくカスタマイズ出来ます。シフター台は予めコックピットとセットに組み込まれています。非常に丈夫で、トルクの固いシフターを使ってもピクリとも動きません。

 

調整箇所に関しては、ステアリング台座の角度とペダルの角度が変更可能。穴位置で前後に位置調整は出来るのでDD wheelでもある程度は対応可能かと思われます。ペダル台座については根元で支持するタイプですが、曲げ剛性は確保されてますので、例えFANATEC V3の様なロードセルブレーキでの踏み込みに対しても先端部の撓みは見た目上でも僅かで殆ど分かりません。特に問題は無いと思います。

気になる価格はこの仕様でUS$899と意外とリーズナブルで魅力的な価格帯となっています。

色は3色ありますので好みで選べます。

f:id:GenesisPlanA:20200317091126p:image

拡張性としては予めメインフレームが頑丈な設計にしてある背景には、D-BOXモーションSIMを後でもオプションで追加出来るといった、バージョンアップも視野に入っており、コックピットを買い直す事無くステップアップ出来ます。4Axis D-BOXとのセット価格は$16000US(シップコスト+※tax含まず)と少々値がはります。

※tax:税金です。

f:id:GenesisPlanA:20200317091438p:image

フォーミュラがメインの方にはフォーミュラグレードも用意されており、通常のコックピットより遥かに着座が寝る専用設計になってます。価格は$18000US以上します。(シップコスト+tax含まず)

 

f:id:GenesisPlanA:20200317091141p:image

実はコラボモデルも存在します。アセットコルサとのコラボレーションで此方は専用カラーになっています。(かなり派手です(笑))

RSEATで唯一日本に入ってくるグレードがRS1で、実はそれ以外のグレードはアジア市場での販売は無く、グレードの選択肢が少ないという傾向があります。しかし、剛性感も十分ですし、一般的なコックピットより、ひとつ上のクオリティを求めるなら買いだと思います。

私が当初買おうとしていたコックピットが此方になります。モーションSIM部分以外の欲しいオプションを盛り込むと20万位でしょうか(笑)

デザインの美しさや、丁寧にベンダーで曲げられた美しい曲線、溶接も丁寧で美しく、まるでべサロのコックピットみたいな仕様です。高強度さなどバランスの良い魅力的なコックピットですね。

 

 

 

今回はここまで!次回part 2も宜しければ見て下さいね。

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕