GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

RaceRoom新アップデート 2020年4月8日

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

前々からアナウンスされていたRaceRoomのアップデートがやってまいりました!

f:id:GenesisPlanA:20200408233426j:image

Update details:

Download size = 4.1 GB
Client version = 0.9.0.935
Client BuildID = 4873057
Dedicated server version = 60.0.1114
Dedicated server BuildID = 4873274

 

◻️変更リスト

・ランク付けされたマルチプレイヤー:プレイヤーがランク付けされたセッションで許可されるように、レーティングと安全性の最小要件を設定するオプションが追加されました。 このためのフィルターをMPロビーリストメニューに追加しました。
・専用サーバー:エクスポートとインポートの設定にコントロールを追加しました(ホストIPが変更された場合でも設定は失われますが、少なくともバックアップをインポートすることで数回のクリックで設定を回復できます)
・HUD:大きな失格通知を「butterHUD」システムに移動しました(左側の小さな通知)
・コントローラー:すべてのLogitechホイールの最小力が減少し、10%のスリップ効果が追加されました
・コントローラー:Simagicホイールベースのデフォルトプロファイルを追加
・コントローラー:Simucubeのサポートの最初の反復、Simucubeドライバーにゲーム内で選択されたホイールレンジの通信が追加されました。 Simucube 2ホイールベースの3つのバリアントに「安全な」デフォルトプロファイルを追加しました。 ESCキーを押しても停止しないパワーを修正する必要があります。これは、ハードウェアメーカーと一緒に行います。
・コントローラー:Fanatec CSLおよびCSRのデフォルトのFFBプロファイルを更新
・プレーヤーやAI、ピットストップなどの電気自動車のシミュレーションに対するさまざまな改善
・AI:マルチクラスレースでのトラフィック処理の改善
・AI:守られている間に守備ラインに行く際の意思決定の改善
・終了した予選セッションのマルチプレイヤーサーバーがマルチプレイヤーリストに「参加可能」として表示されるバグを修正しました。
・ギアシフトのバックファイアがリプレイで音を出さないバグを修正しました。

・リプレイとマルチプレイヤーの両方でサウンドトリガーのロジックが改善されました。
・パワードホイールのグリップが低すぎるとAIがシフトアップしないと受け止める場合がある問題を修正しました。
・ピットストップ音がリプレイで機能しないバグを修正しました。
・理想的なレースラインが奇妙に配置されたブレーキ警告を特徴とする問題を修正しました。
・ピットストップを特徴とするインスタントリプレイを見ると、ゲームプレイに戻った後、もう一度新しいタイヤを受け取る問題を修正しました。
・webdev起動引数が使用されていると、Steamオーバーレイで誤って開くゲーム内Webリンクの問題を修正しました。
・重力と力に関するAIの理解を微調整して、斜面とバンクされたコーナーでの動作を改善します。
・MPレースを観戦するときに残りのタイミングの不一致をキャッチすることを期待してさらに微調整
・低FOVでのプレイ中にドライバー名が相手の車の上にオフセットされるという以前の修正を取り消しました。プレイヤーに近いときにドライバー名の激しい誤表記を修正しました。 さらなる最適な修正を待つ間、今のところオフセットを使ってみましょう。

f:id:GenesisPlanA:20200409000556j:image

◻️コンテンツの更新

・すべての車:汚れ、草、砂利に覆われたタイヤの動作の調整。 これらの変更の結果、車に当たる小石の音は少し小さくなります。
・すべての車:エンジンの回転数をアップシフトおよびダウンシフトするための変更。 ギアシフトはよりシビアになりました。 70年代、80年代、90年代の古い車にも、特定のアップシフトに不具合がありました。
・すべての車:ほとんどの車、特に最新のGT、プロトタイプ、およびツーリングカーの新しいトランスミッションの鳴きの録音。 トランスミッションの音量ランプも変更され、惰性走行中は音量が大きくなり、ピッチはドライブトレインと正確に同期しています。
・すべての車:長いスライド時によりスキッドおよびロックブレーキタイヤのリアルサウンド。 また、すべての最新のGT車のタイヤの音量を減らしました。
・すべての車:レブリミッターとピットリミッターの両方の動作の更新。
・すべての車:車と車の衝突に関与する力の変更。衝突を取り除くために他の車が堅いレンガのように感じる場合があります。
・Aquila:ベースライン設定でのタイヤ空気圧の調整、ブレーキ力の低減
アウディR18:ステアリングホイールがステアリングコラムに正確に配置されていなかったため、またコックピットカメラの配置がホイールの中央に配置されていたため、右に離れすぎていました。
アウディTT RS VLN:ザントフォールトのより長いデフォルトの最終ドライブ
・CUPRA TCR:非対称ダンパー設定があったベースライン設定を修正
DTM 14/15/16:縁石に対する過度のサスペンション損傷を修正しました。 高速ダンパーが更新され、縁石とバンプの動作が改善されました。 ダウンシフト時にリミッターから跳ね返ることを防ぐために、クラッチとエンジンの慣性値を変更しました。

・適切なロックの差分を更新。

メルセデスで+5 KgのわずかなBOP調整。
・Formula RaceRoom 2:ベースラインのセットアップを更新し、タイヤを調整して取り扱いを改善しました。 AIの改善。
・Formula Raceroom 90:3つの異なるタイヤコンポーネント、改訂されたベースラインセットアップ、およびタイヤモデルが提供されるようになりました。
・Formula RaceRoom X-17:AIの改善
・グループ4:ポルシェ934 RSR-AIの改善
・グループC:物理とタイヤのモデルを更新し、一致するようにAIを調整。 これらの車の実際の速度をよりよく反映するようにクラスのパフォーマンスインデックスを調整しました。
・GTR 1:AIペーススプレッドの改善
・GTR 3:マクラーレン650s:より長い最終ドライブ
・GTR 4:更新されたタイヤモデルとベースラインセットアップ
メルセデスAMG CLK DTM 2003:コックピットのカメラ位置を調整
メルセデスAMG DTM 1995:コックピットカメラの位置を調整
・NSU TTS:失われていたトレイの下の接点を設定します。 更新されたディファレンシャルとドライブトレインの動作
・P1およびP2:調整されたギアチェンジのタイミングとドライブトレインの振動(シャフトの剛性)。 コックピットカメラの配置を調整。
ポルシェ911 GT3カップ(スプリント):更新されたタイヤモデルとサスペンション。 物理のさらなる調整と改善。 (GT3カップのこのバージョンはまだ発売されていませんが、ポルシェカレラカップスカンジナビアのeスポーツで使用されています)
・マンセイレーシングによるポルシェクラブスポーツトロフィー:更新されたタイヤモデルとベースラインセットアップ
・シルエットシリーズ:工場のABSと予熱されたタイヤが追加されました。 一部のPush to Pass HUD要素を表示していたCanhard R52を修正しました。
フォルクスワーゲンID.R:ニュルブルクリンクのラップレコードセッションのテレメトリーに従って更新された物理演算。 車にDRSを装備。 ウォーターポンプの起動シーケンスを短縮し、車の起動シーケンス中に何かが起こっていることをより明確に聞こえるようにしました。
・WTCC 2014/2016:縁石に対する過度のサスペンション損傷を修正
・WTCR 2018/2019:縁石に対する過度のサスペンション損傷を修正、AIの改善
・バサースト:優れたコーナリングスピードについてのAIの理解を微調整する
・イモラ:優れたコーナリングスピードについてのAIの理解を微調整する
・寧波:フレームレートの改善。 短いレイアウトの開始グリッドは、他のレイアウトと同じになりました。 AIの動作の改善。
ニュルブルクリンク:VLN / 24Hの第1ターンでのAIの動作が改善されました。
・Road America:拡張トラックは、カナダコーナーの外側に少し制限があるため、白い線の内側に2つのホイールがあるカットを取得できなくなりました。
ザルツブルグリング:優れたコーナリングスピードについてのAIの理解に微調整
・Spa-Francorchamps:優れたコーナリングスピードについてのAIの理解を微調整します(Blanchimont)
鈴鹿:優れたコーナリングスピードについてのAIの理解を微調整

f:id:GenesisPlanA:20200409000743j:image

◻️既知の問題

寧波のメインレイアウトで、ピットレーンに入る直前の左ターンで誤ったカット検出が行われます。 現時点でラップタイムを記録する唯一の方法は、頂点の後に左にいることです。 他の寧波のレイアウトは影響を受けません。 この問題については現在調査中であり、できるだけ早く修正する予定です。

 

情報は以上です。

 

端折って訳してますので細かいところや表現は間違っている部分が有るかと思いますがご了承ください。

 

では!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕