GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

魅力的なTURNブランドステアリング/機能美溢れてるゾ!

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネです。

 

今回はステアリングブランドである「TURN」に触れていきたいと思います。勿論、わたしも愛用者の1人です。

f:id:GenesisPlanA:20200716104141j:image

TURNって何!?と思われる方も居らっしゃると思います。レーシングの世界においてはTURNブランドをこよなく愛する人は沢山居ます。この独特のフォルムと握った時のグリップ感など個人的にはすごく気に入っているステアリングの内の1本です。

f:id:GenesisPlanA:20200716104037j:image

 

◻️TURNの経営理念

一言でターンを説明する。情熱。私たちを駆り立てるのはモータースポーツ、エンジニアリング、美しさ、そしてデザインへの情熱であり、私たちがレースを駆り立てていると感じているものです。

ターンはガレージから何もないところから構築され、ハイエンドのシミュレーションレーシングハードウェアを設計および開発しました。

ターンのビジョンは、現実世界のレースからシミュレーションレースまでの現実を融合するエコシステムを構築することです。

(引用 和訳)

 

◻️レーシングシーンでも御目見えするTURN

ご存知な方も居らっしゃると思いますが、このデザインに見覚えはないだろうか?

f:id:GenesisPlanA:20200716104749j:image
f:id:GenesisPlanA:20200716104752j:image

コチラもTURNが手掛けたデザインのステアリングになります。リアルなレーシングシーンやレーシングSIM分野において、彼らの機能美的なデザインは愛されています。

勿論、カスタムデザインされたステアリングは高価ですが、その質感は納得いく出来映えだと思います。

TURNのホームページに新しいデザインのステアリングが載ると即完売します。本数はそれ程作ってはいないのだと思いますが、値段的に見て、それが魅力に映ったなら、所有したくなる衝動に狩られてしまうのは不思議です。

f:id:GenesisPlanA:20200716105153j:image
f:id:GenesisPlanA:20200716104141j:image
f:id:GenesisPlanA:20200716105148j:image
f:id:GenesisPlanA:20200716105158j:image

 

◻️TURNユーザーとして

かく言う私もユーザーの1人では御座いますが、一時はFANATECホイールベース用にと使いましたが、今ではSIMEXPERIENCE AccuForce Pro V2用に使っています。

f:id:GenesisPlanA:20200716105840j:image

(※写真は一時、Podium HUBに組み合わせたもの)

 

両方のブランドに兼用に使うには、ステアリングが増え続けてしまうのでほどほどに💦(笑)

f:id:GenesisPlanA:20200716105542j:image

(※コチラは以前にカーボンパネルを切ってAccuForceに組み合わせたもの。今はデフォのベースに組み合わせてます)

 

◻️スタンダードモデルも抜群にいいゾ

先に触れたカスタムされたステアリングには販売される本数には限りがあります。即完売するんですけどね💦(笑)

f:id:GenesisPlanA:20200716110217j:image
f:id:GenesisPlanA:20200716103742j:image
f:id:GenesisPlanA:20200716110214j:image

スタンダードモデルは誰でも其れを欲するならユーザーになれます。値段はそれでもソコソコしますが、この独特なフォルムと、シンプルでありながらグリップ感も納得のいく一本です。見た目ほど重くはありませんし、やはり重量という部分においても考えられた今時のガングリップデザインなのではないでしょうか。

(※写真は商品到着時に撮影したものです)

 

◻️手元に届くまでそれなりに待ちます

即納モデルは無いので、基本的に発注してから納期までのリードタイムは結構待ちます。4週間~8週間くらいでしょうか。値段的にはオプションとかいろいろ関係してきますが、スタンダードモデルでも送料やtax込むと4万円強ほどします。

 

私個人用のステアリング以外にもお客さんからリクエストされた時にも発注はしてますので、納期的には大体それ位は普通に掛かりますね。受注オーダーでハンドメイドで1本1本作るからだと思いますが。

f:id:GenesisPlanA:20200716110852j:image

ステアリングの先の部分まで丁寧に糸で縫われているのでスウェードでも丈夫に出来ています。溶剤臭が若干匂いますが、貼り付けた接着剤の残溶臭ですが、時間の経過とともに無くなります。

神経質な方には気になるかもですが、海外製品ではありがちな微妙なスレ傷とかあったりします。そこは仕方ない部分ではあります。

 

オプションはそれなりに細かく選択出来ますが、ボススペーサーなどは今時普通になってきてる3Dプリンターで成形されていたりします。そういった細かい物を追加オーダーすると更に納期が遅くなりますね。ネジ1本ずつでも長さが事なるオーダーが可能です。

 

◻️カスタムパーツやデータも

今時流行りのTURNブランドのマグネティックパドルシフトや、ステアリングそのもののデザインもCADデータとして販売しています。

f:id:GenesisPlanA:20200716113517j:image

3Dプリンターを所有するユーザーさんなら自作でオリジナルステアリングをデザインする事も可能です。実は私も入っていますが彼等TURNのdiscord内でも、ユーザーさんが各々に自作されたものや、TURNスタッフが手掛けたデザインのステアリングなどの写真をシェアし合っていたりします。結構ヒントになるかもですよ!(笑)

 

◻️ユーザーへのさり気無い気配りと感謝の気持ち

実は購入してから暫くして、TURNからMailが来ます。勿論、購入した製品に関しての情報のフィードバックも兼ねてますが。一人一人の意見やコメントが、彼らの後の製品品質に活かされていくのです。

f:id:GenesisPlanA:20200716112942j:image

「サポートありがとうございます。 ターンレーシングは長い間私の夢でした。私がこれを続けることができるのは、あなたのような素晴らしい愛好家のおかげです。トラックでお会いしましょう!」

「私達が続けてこれるのは、製品を購入してくれるユーザー様の支えが有るからです。(和訳)」と文中にメッセージが添えられています。

 

さて、今回はTURNステアリングの話を掲載しましたが如何だったでしょうか。

リードタイムなど気長に待てるならコレを所有する喜びを感じられる事でしょう。

 

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕