GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

相当に進化したAUTO MOBILISTA2~走るのがほんと楽しくなったゾ

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです。

 

最近はめっきり冷えてきましたね。

私事ではありますが、つい最近まで風邪を拗らせていましたので、あまりSIMれてませんでした。

しかし、ちょこちょこと検証はしてたりしますので、今回はそのうちの1つ。

AUTO MOBILISTA2(AMS2)をピックアップしたいと思います。

f:id:GenesisPlanA:20201116093626j:image

実はこのAMS2。発売当初から持っていたのですが、車体の物理的な動きやロックし易いブレーキフィールも相まって余り好みではないとして残念ながら初期の頃からプレイはしていませんでした。かと言って初期投資で買った手前、アップデートの度にどう変わったのかはフィーリングの確認の為に少しはプレイしておりました。

 

発売されてから既に数ヶ月経ちましたが、漸く最近、大きく変わってきたので本格的に走り込んで見ることにしました。

f:id:GenesisPlanA:20201116094101j:image

今回使用したハードはAccuForce Pro V2になります。実はこのホイールベースはDDにしては安価ですが性能がホント良くて、所有してるDD(ダイレクトドライブ)ホイールベースの中でもかなりなお気に入りの1台です。最近、ボタンボックスのボタンの色をステアリング(OMP)に合わせてカラーコーディネートしたのでコチラを使用してます。

 

◻️AMS2はどう変化してるのか

初代AMSはハンドリングや物理的な動きを含めて定評のあるSIMです。車輌こそはオリジナルが多く、ラインナップも少ないが、トラックレースなどキワモノ系レースや、フォーミュラカテゴリー、そして、カートも実装されており、実際にプレイされた方はお分かりだと思いますが凄く良かったんですよね。

それはこのSIMの本拠でもあるブラジルでも有名な話です。

その乗り味の良さからSIMレーサーに愛されて来たのですが、AMS2になってから変貌し過ぎてどこと無く疑問に感じるフィーリングになってしまっていました........。

発売前のβ版では「これはProject CARS2のクローンか?」と酷評を漏らす有名どころの海外SIMレーサーも何人か居ましたね。

f:id:GenesisPlanA:20201116094901j:image

しかし、今や幾度となく修正を重ねて生まれ変わったAMS2!初代AMSの乗り味に近づけて来たのは並々ならぬ努力の形だと思います。

今どきのレーシングSIMみたいな細かく緻密なFFB情報は来ないものの、そこはForce gain Boostの数値を0に近づければタイヤ等からのインフォメーションが分かりやすくなりますし、使うホイールベースがDDなら尚更、表現が豊かに伝わるのでより一層面白く感じるのです。

初期頃のAMS2では表現し難くかった正確性の高い物理的な動きも大分忠実に再現出来てきてます。ブレーキフィールに関しては、使うハードによってはロックし易い傾向になる可能性はあるものの、グーンと大きく改善が見られ、ロードセルブレーキ等では細かい投力にブレーキが着いてくる様になってきました。テクニックを駆使して荷重移動を意図的に起こしてコーナーリングが比較的容易に出来るようになっているのです。

 

この大きな進化には驚きました。何だか走ってて楽しいのです!

f:id:GenesisPlanA:20201116100109j:image

細かい違いについては、各車体毎にステアリングの重さやシフト操作時の味付け等、至る所がちょこちょこと変わっております。

車体がバンピーな動きをすれば、それに連動してステアリングも強烈に揺さぶられる。ブレーキングから前荷重が掛かった状態でのパドルシフト操作している瞬間もガツンとしたインフォメーションがステアリングから強烈に伝わってくるのです。

 

今や出来のいいレーシングSIMが多くなり、昔のSIMとは違ってリアリティが増してるのが当たり前な時代になってきました。久しぶりにAMS2をプレイして思ったのが単純に「楽しい」のです。

前後の荷重移動感を意識しながら走るのは初代AMSに精通する部分であり、形こそは多少異なれど、今や走ることが純粋に楽しめる貴重な1本になりつつあります。

f:id:GenesisPlanA:20201116100909j:image

人気のあるGT3やGT4カテゴリーも実装されており、シーズンパスを買っていなくとも選択肢は大幅に増えています。ほんと1台1台が乗ってて楽しい。

ジネッタGT4でも、バコバコとくる強烈なインフォメーションを感じながらそれを操る楽しさ。車体デザインの忠実度は高く、そしてグラフィックも超綺麗!

f:id:GenesisPlanA:20201116102412j:image

少し走って検証する程度で考えていたのですが、気がついたら200周を軽く超える程、熱中してました(笑)

Σ(゚д゚;)

 

また、AMS2の魅力は同時に改良されたMADエンジンもそうですが、実は簡単にプライベートマルチロビーを立てられるポイントも有難い機能です。

通常、PCでのSIMレースはサーバー管理者を立てるのがオードソックスなスタイルですが、AMS2は個人で簡単にそれが出来てしまうのです。Steamのフレンドさんでしたら簡単な操作で召集可能なんです。

f:id:GenesisPlanA:20201116102424j:image

ソロでのレースでもAIは賢いので下手に当てて来たりしませんが、マルチロビーを立てて仲間でワイワイと楽しむならこの機能を使ってみて下さい。

d('∀'*)

 

さて、今回はAUTO MOBILISTA2の情報をお届けしましたが如何だったでしょうか?

初期頃に買っておいて積みゲーとして眠ってしまってるなら再び見直して楽しむのも手です。

まだ未体験な方はご興味がお有りでしたら是非とも試して頂ければと思います。

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕