GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

Logicoolユーザー必見!ペダルが新品時の正確さに戻るMOD/3DRAPポテンションメーター変換キットだゾ!

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです。

 

ちょいとお困りの方が居まして、、、そう言えばかなり前にリサーチした時に「こんなイイもの見つけた!」と思い出したMODです。

f:id:GenesisPlanA:20210312190941j:image

3DRAPの製品は幾度となく利用していて、それは殆ど新規アイテムばかりでしたが、このブランドのラインナップを隅々まで見ていた時に見つけたモノです。勿論、今も尚、販売されている訳ですが、実はそんな昔からある訳では無かったんです。

f:id:GenesisPlanA:20210312191531j:image

Logicoolユーザーさんはご存知だと思いますが、Logicoolのペダルの踏んだボリュームに対しての舵角は、中のポテンションメーターというセンサーがそれを読み取る仕組みになっています。この構造はLogicoolに限らずthrustmasterやFANATECの一部の機種に使われるなど、基本構造はポピュラーなんです。

f:id:GenesisPlanA:20210312191647j:image

これが一般的にいうポテンションメーターです。何処かで見た事あると思います(笑)

ポテンションメーター」って何ぞや?と思われるでしょうが、実は日常的に使われてる機器にもポピュラーに使われています。

f:id:GenesisPlanA:20210312192555j:image

こういうクルリと回すボリュームセンサーが「ポテンションメーター」と呼ばれる部品になります。RCカー用のプロポにもアクセル&ブレーキのトリガー着いてるでしょ?アレです(笑)

 

私も以前にLogicool製品を愛用していた時期もあって、新品時にポテンションメーターを分解して、不備が起こる前に対策として使用前にはメンテナンスして組み立てた経緯があったりします。素人には難しい作業です。

f:id:GenesisPlanA:20210312192738g:image

f:id:GenesisPlanA:20210312192746j:image

ポテンションメーターの内部構造を理解していると分かる人も居るとは思いますが、Logicoolのも金属製のケースを爪を割らないように優しく外すと上図の様な構造体が顔を出します。

ダイヤルがクルリと回ると接触している黒っぽい「摺動子」という部分が剥き出しになるので、ここが汚れてくる事で、ペダルは上手く反応してくれないんです。摺動とは滑るという意味合いです。

この黒い部分を固く絞ったアルコール入りのウェットティッシュなどで綺麗に拭き取る事で一時的に直ったりするのです。

しかし、この「摺動子」には寿命がありますが、寿命もメーカーや構造によってマチマチなんですよね。

以外にも激しい運動をさせているハンコンのペダルは、この摺動子の磨耗によって、いつかは寿命を迎えます。

 

しかし、Logicoolのペダルに備わっているポテンションメーターは専用設計になっていて、手に入れようとしても難しいというか、皆無です.........。

殆どの人が改造して、穴あけ加工やらいろいろ駆使してポテンションメーターを他のブランド品を流用して取り付けるという、何とも一般の人には難しいと感じてしまう(何かあったらどうしよう.........というリスクを含めて)と思う筈です。

f:id:GenesisPlanA:20210312193707j:image

そこで紹介したかったのが3DRAPからリリースされている「ポテンションメーター変換キット/Logicoolペダルソリューション」なんです!

 

このMODを使用すると、Logitech G25 / G27 / G29 / G920ペダルの摩耗したポテンショメータを、Thrustmasterペダルで使用されているものと同様のすぐに利用できる新しいユニバーサルポテンショメータに交換できます。

 ペダルボードは組み立てが簡単で、新品のように正確に戻ります。 PCのみ(PS4 / XBoxなし)で一時的にテストされたG29 / G920の場合、組み立て後にWindowsのゲーム周辺機器の管理で軸のキャリブレーションを実行します。

f:id:GenesisPlanA:20210312193846j:image

キットに含まれるもの:歯冠スプロケットOリング取り付けネジ10Kポテンショメータ(オプション)

注:ポテンショメータは3DRapによって製造されていませんが、外部のサプライヤから提供されており、オプションです。 同じコンフォメーションで最高品質のポテンショメータをオンラインで検索することができます。

 

3Dプリンターでの製作製品がメインの3DRAPですが、見た目は3Dプリンター感が少し垣間見えますが製品としては良いものを作り続けているブランドどけに、そこは信用しても良いと個人的にも思うんです。

Logicool純正のポテンションメーターのライフの短さに悩まされたり、こまめに行う面倒な買いたいメンテナンスを考えると、「3DRAPよ!良くぞ出してくれた!」と賞賛を送りたいです。

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

 

因みになんですが、Logicoolペダルを修理に出した場合、ポテンションメーターの交換費用が1万円掛かります。(私の友人からの体験から)

 

3DRAPのポテンションメーター変換キットは、本日(2021年3月12日現在)調べましたところ、いつの間にか日本のAmazonでも買えるようになっていました。

 

尚、使用するポテンションメーターはちょっと注意書きがあります。

 

◻️PS4 / XBoxの場合:

コンソールでは、次のポテンショメータを使用することをお勧めします

VISHAYのP11S1V0FLSY00103KL

 

ポテンショメータシャフトにギアシートを適合させる必要があるかもしれません。

 

ポテンションメーター変換キットの紹介動画はこちら

https://youtu.be/6Lm3uY3kDVo

 

f:id:GenesisPlanA:20210312195430j:image

LogicoolかLogitec、G27/G29/G923のユーザーさん。

人気機種だけに数は出ているが、その後のライフの延命部品であるポテンションメーター変換キット。

今、ペダルの症状にお悩みの方はちょっと検討してみては如何でしょうか!

 

 

それでは!またね!

アディオス!!( -`ω-)b💕