GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

新たなBIKEゲータイトル登場!RiMS Racing

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです!

 

RIDEシリーズ以外の本格的なBIKEゲー?タイトル「RiMS Racing」が発表されました💡

f:id:GenesisPlanA:20210415083108j:image

本作はNaconより2021年8月19日にPCはSteamに販売が開始される予定です。既にSteamにはRiMSのページが存在しております。

f:id:GenesisPlanA:20210415083402j:image

勿論、日本語にも対応している様です。

その他のハードとして、Xbox、Switch、PS4/PS5にも発売されるという事で意欲は凄いです。

f:id:GenesisPlanA:20210415083846j:image

今作は2020年7月頃に噂が出ていましたが、その後に決定されていたのですね。RIDEシリーズ以外での本格的なBIKEゲータイトルは、MotoGPの様な競技車両ベース外でのBIKEゲーとあって、BIKE好きなライダーやゲームプレイヤーには喜ばしいホットなニュースになったのではないでしょうか!

٩(´・ω・`)و

 

f:id:GenesisPlanA:20210415083836j:image

ただ、BIKEゲーと言えども最近は操作がリアルなBIKEの挙動をシュミレートしているかの様なバランスの難しさが出てきており、BIKE好きな玄人さんにはめちゃくちゃ喜ばしい技術の進歩ではありますが、今作のRiMSは機械的な要素に焦点を当てているのでEASYな感じではなさそうです(多分)。

f:id:GenesisPlanA:20210415083943p:image

 

尚、RiMSは、昨日にWRC10を発表したNaconと、ミラノにあるRace Ward Studioが手掛ける作品です。

このゲームでは、「最も強力な」ヨーロッパと日本のモーターサイクル8台から選択してキャリアがスタートされる様です。


f:id:GenesisPlanA:20210415083922p:image

最初の画像から、カワサキMVアグスタ、ホンダ、ドゥカティ、スズキ、アプリリアのメーカーのバイクを見ることができます。 その後、10の実際の公式トラックを中心に、5つの道路ベースのルートでレースを行うことができます。

これまでに発表されたサーキットは、シルバーストンサーキット、ウェザーテックレースウェイラグーナセカ、鈴鹿サーキットニュルブルクリンクGPトラック、ポールリカールサーキットです。

道路ルートは、米国、ノルウェー、オーストラリア、スペイン、イタリアで設定されます。


f:id:GenesisPlanA:20210415083929p:image

ここでの違いは、バイクの作成方法のシミュレーションと、さまざまなパーツが作成するパフォーマンスの影響にあるようです。

ライダーには500以上の公式スペアパーツと200以上の公式装備アイテムが用意されています。 レース中は、ブレーキディスクの温度、タイヤの空気圧、サスペンションの動作、電子マップを監視できるため、完璧なセットアップを作成できます。


f:id:GenesisPlanA:20210415083958p:image

現在利用可能な他のオートバイシミュレーションよりもはるかに詳細に、それぞれをいじくり回し、微調整し、理解することを目的としたゲームプレイを示唆しています。


f:id:GenesisPlanA:20210415083935p:image

打ち上げ資料は「超現実的で正確な物理学」について語っていますが、それを利用可能な部品の数と測定された公差と組み合わせると、軌道から外れたことに焦点が当てられているようです。


f:id:GenesisPlanA:20210415083949p:image

BIKEゲーと言えばマイルストーンのRIDEシリーズがありますが、早期アクセスのタイトルであるTrackDayRに加えて、別のオートバイシミュレーターをめぐる競争があることは、今後も凄く技術が加速していくかも知れません。

MV Agusta F4 RCをフィーチャーした、以下の公開トレーラーを見ることができます。

f:id:GenesisPlanA:20210415083954p:image

トレーラーの動画のリンクはこちらから御覧になれます。

https://youtu.be/R_YSOlQ8j9w

 

私が子供の頃(ほんとちっちゃい頃)のBIKEゲーって後方視点の「ハングオン」シリーズでしたが、近年目覚しい物理エンジンの進歩やグラフィックの大幅な向上から、この様な本格的なBIKEゲーが出ることは個人的にも楽しみです。

f:id:GenesisPlanA:20210415090055j:image

PS4/PS5やXboxなどのコンシュマー機でリリースするところを見ると元々の開発エンジンはコンシュマー共有のプラットフォームである事から、BIKE好きな万人に楽しんで欲しいという気持ちが伝わってきますね。

f:id:GenesisPlanA:20210415090136p:image

PCでの要求スペックが気になるところではありますが、参考までに以下に記載します。

 

OS: Windows 10 64bit TBC

プロセッサー: Intel® Core™ i5 TBC

モリー: 8 GB RAM

グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 760 2GB TBC

DirectX: Version 11

ストレージ: 16 GB 利用可能

 

この要求スペックは最低限必要な数値なので、ロースペックゲーミングPCだと、場合によっては重たくてスムーズに動かないという事を想定としておきましょう。

 

 

今回はこの辺で!

またね!

アディオス!!( -`ω-)b💕