GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。SIMは世界的な範囲で扱った実績は多く複数台を所有しています。問い合わせが多く一問一答する傍ら、リサーチなどの知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画で配信さてたりします。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。どうぞ宜しくお願い致します!

Pimax史上最強VR/Pimax8K Xのリフレッシュレートが底上げされ120Hzに‼️

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

Pimaxからプレスリリースの情報が来ました🙋‍♂️

従来はPimax8K Xのリフレッシュレートの上限は90Hzとされてきました。これは業界ではスタンダードになりつつあるリフレッシュレート帯であり、100万円を超えるVRであっても同帯である。

f:id:GenesisPlanA:20220630163928j:image

しかし、ここのところ速い動きを求めるゲームやシミュレーターにおいて、ネイティブなデュアル4K(両目で8K)であっても90Hzというリフレッシュレートは他社のVRと比較しても滑らかな部類になる。

個人的にもPimaxは5K plus(144Hz)~8K Xまで、3機種を現在でも愛用しているユーザーでもありますので、その辺の差も分かっていたりする。

f:id:GenesisPlanA:20220630164339j:image

しかし、ここら辺の界隈ではリフレッシュレートは90Hzもあれば、ほぼ賄えるとして他社でも上げてないのか、技術的に上げられないのかなどいろいろありますが.........。

 

Pimaxとしては、このネイティブなクッキリ画質の8K Xを従来の90Hzから▷120Hzへとリフレッシュレートを引き上げる‼️

今回のエボリューションはNVIDIAとの協力により実現するものとして実装する日は近い。

f:id:GenesisPlanA:20220630170057j:image

今回は送られてきた資料を和訳すると共に、当方のブログでも開示する事としました💫✨

(*^^*)

 

 

◻️即時リリース用

f:id:GenesisPlanA:20220630164605j:image

f:id:GenesisPlanA:20220630165720p:image
Pimax 8K X、Nvidiaと連携し、新ベータファームウェアでネイティブモードでのリフレッシュレートを120Hzにアップ。

 

2022年6月30日

広い視野で知られる大衆向けハイエンドVRヘッドセットの開発・製造を専門とする革新的なVR企業であるPimaxは、最近製造したPimax 8KXヘッドセットのネイティブモードリフレッシュレートを120Hzに引き上げることに成功しました。

昨年10月、PimaxはVR 3.0仕様で、真に没入感のあるVRを構成するためのアイデアを明らかにしました。これらの機能は、VRを可能な限り現実に近づけようとする「自然さ」、「自己認識」、「自由」に焦点を当てている。このため、Pimaxは、無数のアップデートと新機能を備えた次のフラッグシップヘッドセット「Pimax 12K QLED」の詳細も発表しました。さらに今年6月、Pimaxは12K QLEDのコンパニオン・ヘッドセット「Pimax Crystal」を発表しました。Crystalは、フラッグシップ機のすべての機能を備え、低視野で非常に高い画素密度を実現しています。多くの次世代ヘッドセットがすでに何年も前から量産されている中で、Pimaxは他のメーカーに先駆けて次世代機能をリリースする能力を証明したことは間違いないだろう。
f:id:GenesisPlanA:20220630165050j:image
f:id:GenesisPlanA:20220630165052j:image
f:id:GenesisPlanA:20220630165047j:image
f:id:GenesisPlanA:20220630165045j:image
Pimaxのエンジニアが、発売から数年経っても、既存のヘッドセットのソフトウェアとファームウェアを更新し続け、新機能を搭載していることはよく知られていることです。今回の発表も例外ではなく、このアップデートによりフレーム遅延が25%という驚異的な削減を実現しています。Pimaxのエンジニアは、Nvidiaと共同で、GPUとヘッドセット間で転送されるデータの速度と信号品質を強化してきました。その結果、片目4Kのネイティブ・モードをバターのように滑らかな120Hzのリフレッシュ・レートにまで向上させるのに十分な改善がなされたのです。

f:id:GenesisPlanA:20220630165223j:image

高リフレッシュレートでは、映像の知覚がより安定し、ユーザーの疲労が軽減されます。また、映像のうねりやにじみを抑えることで、ゲームや映画などの臨場感や没入感をより高めることができます。

これまで、視野角、リフレッシュレート、解像度の3つのカテゴリーで最高の組み合わせを作ることは非常に難しく、3つ目のカテゴリーを拡張するために2つのカテゴリーを大幅に犠牲にしなければならないことが一般的でした。今回のアップデートにより、最新のPimax 8KXは、最高の解像度、リフレッシュレート、視野角をすべて損なうことなく同時に楽しむことができるようになりました。最新の無数の素晴らしいソフトウェアツールと組み合わせることで、体験はこれまで以上に良くなり、別のものを輝かせるために基本的な機能を犠牲にしていた人々にとって画期的なものとなります。

 

追記:Pimaxは、すべてのVR 2.0ヘッドセットが、今年後半にリリース予定の新しいPimax 12K QLEDフラッグシップヘッドセットに対して完全な下取りクレジットの対象となることも発表しました。(これには8KX、8K+、XR、8K、5K+、Artisanヘッドセットが含まれます。) これはPimaxがもたらすもう一つの価値で、我々の大切な顧客が我々の最新のハードウェアで最高のイノベーションを維持できるようなプログラムを作るために最善を尽くしているのです。

 

Pimaxについて
Pimaxは、VR/AR分野での5年間を含む、ウェアラブル技術/スマートデバイスの長年の経験を持つVRギークとエンジニアのチームによって2014年に設立されました。CES Asia 2016でベストVR製品として認められた世界初の4K VRヘッドセットや、CES Las VegasでベストVR製品を受賞したFlagship 8KX 4K per eye wide FOV VR headsetを作りました。Pimaxはカリフォルニア州にオフィスを構え、中国・上海に本社を構えています。詳細については、https://pimax.com/ をご覧ください。

 

以上となります。

 

先ずは先駆けとして、テスターとして活動する部分もありますが、Pimaxとしては今後の活動に関して益々、先を行くスタイルで歩み続けていきます✊🏼💫✨

 

f:id:GenesisPlanA:20220630165551j:image