GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。SIMは世界的な範囲で扱った実績は多く複数台を所有しています。問い合わせが多く一問一答する傍ら、リサーチなどの知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画で配信さてたりします。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。どうぞ宜しくお願い致します!

ハイエンドSIMペダル/プロレーサー向け‼️/SRPからGT-Rモデルがリリース❣️/SimRacingPro

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

日本時間の昨晩(2022年10月2日)9時頃からInstagramTwitterなどでオープンになった情報ですが、この度、スペインのハイエンドSIMペダルブランドであるSimRacingPro(SRP)から新しいブレーキシステムを引っさげて登場したProモデルが発売開始しました💡´-

https://www.simracing-pro.com/?ref=Genesis_Plan_A

f:id:GenesisPlanA:20221003123721j:image

f:id:GenesisPlanA:20221003123647p:image

アクセルとクラッチは従来のモデルのままですが、一番の違いはブレーキシステムの大きな進化。

160Bar(換算すると163.2kg/cm2)というとてつもない高い数値のダンパーが備わるそれは、プロレーサー向けのスーパーハイエンドモデルという位置づけとなる。

👊( ¨̮💪)

 

f:id:GenesisPlanA:20221003101203j:image

このモデルの内容はSRPホームページに掲載されていますが、スペイン語を翻訳するとこの様になります。

 

ココッ⸜(* ॑ ॑* )⸝ココッ

SRP-GT-R 3Pは、TCR、GT、LMP、シングルシーターなど、現行の競技車両のブレーキシステムに最大限の忠実度を求めるプロドライバーのために設計されています。最新の空圧技術とソフトウェア技術により設計され、低圧から160barまでの範囲で、最大限の精度で調整することができます。このブレーキシステムは、最新のブレーキシステムによって発揮される力をシミュレートしており、最初のピークからカーブの頂点まで、ミリ単位で制御することが可能です。
これらの機能はすべて、当社の革新的な空圧技術によるものです。当社独自のSRPソフトウェアを使えば、最大ブレーキ力をリアルタイムに調整でき、ソフトウェアに含まれるウィンドウをモニターやバーチャルリアリティグラスに重ねてゲームの上に表示することで、値を視覚化することができます。

 

f:id:GenesisPlanA:20221003101632j:image

既に数日、私の方でもテストしてますが如何せんメーカーが情報公開するまではトップシークレットだったので公には出来なかった訳ですが、取り扱い説明書は日本語化しているものの、現在はソフトウェアも日本語化するなど作業を進めております。

実はソフトウェアもトップシークレット㊙️🤐苦笑

( *・×・*)クチチャック!!

 

近日にはリリース予定です🗓

 

◻️どんなユーザーに適しているか(* 'ᵕ' )☆

実はこの話はかなり前からあって、形になってから実装テストするまでになったのは2ヶ月ほど前に遡るだろうか🤔

イタリアはヴァレルンガサーキットのDSCの設備には全てのシミュレーション媒体にはSRPペダルを実装しているけれど、コレを踏んで経験した人はこのDSC(ドライブシミュレーションセンター)に通う、世界のリアルトップレーサー達。

シミュレーターとリアルのレーシングカーの質感を体感的にも近づけたくて、SRP的にもそのリクエストに応えるべく今回のプロレーサー向けブレーキシステムを一般リリースに向けて幾度となく踏んで貰ってテストを繰り返していたのである。

f:id:GenesisPlanA:20221003102552j:image

160Barという数値としては、かなりタイトで固い踏み心地であるが、既存からある従来のSRPのペダルをモデルと比較しても桁違い。しかし、そこはSRPなので固い中にもしなやかなダンピング感はあるので、さながら上位カテゴリーのレーシングカーに乗って操ってるかの様な感覚で走れるのだ💡´-

\_(・ω・`)ココ重要!

 

因みに脚力は人によって異なるため、ソフトウェアでレベルを調整可能なのです🍀*゜

f:id:GenesisPlanA:20221003102726j:image

下から初期型のブレーキピストン、中が既存のモデルで、一番上がプロレーサー向けブレーキシステム。

プロレーサー向けブレーキシステム以外は、踏んだ感触は箱車のマスターバック感を得られるけれども、プロ仕様はマスターバック感は殆ど無い位にタイトだ‼️

f:id:GenesisPlanA:20221003103214j:image
f:id:GenesisPlanA:20221003101632j:image

従来のスタンダードモデルでも高い評価を誇るモデルであるが、オン~オフロードまで気持ちよく走りを追求出来るモデルで、プロ仕様は完全にオンに振っている質感です。

f:id:GenesisPlanA:20221003103355j:image

このダンパーシステムは乗り比べると何故その様になってるのかが直ぐに分かる。

メインのスライドシャフトの径が凄く太く、踏んだ瞬間の感触は、耐圧強度を考えるとこのレベルのシリンダーは必要なのだと理解した。

f:id:GenesisPlanA:20221003103705j:image
f:id:GenesisPlanA:20221003103710j:image

既存モデルの様なダンピング感は殆ど無いものの、僅かに踏む力を変化させ、筋力に対してリニアに且つシビアに効くブレーキシステムは凄く武器になる。

୧(*´・-・`*)୨✨️

 

例えばアップダウンや微妙に傾斜がついてるコーナーの切り返しでも車体はバランスを崩さず、チョイチョイと軽くブレーキタッチしながらワン・ツーという感じでクリア出来てしまう💡´-

既存のモデルとの比較でもこの辺は顕著に現れ、ブレーキングからターンイン、そして脱出時にはタイヤのグリップを感じながらコーナーを駆け抜けていく。

そんな一連の流れがスムーズに行えるのだ❣️

 

f:id:GenesisPlanA:20221003124302j:image

f:id:GenesisPlanA:20221003124421j:image
f:id:GenesisPlanA:20221003124424j:image

ラリーSIMだとタイトな質感が難しく感じるので、どちらかと言うと「オンロード」志向な設計故に、両立するには慣れが必要で、オンロード率が高いなら"間違いなく買いなシステム"である。

ブレーキの初期からジワッと正確に反応して、ブレーキを終わらせるポイントでペダルをリリースして、アクセルコントロールへと移行する一連の流れが凄くスムーズなんです💡´-

所謂、箱車感の残るWRC10でもDiRT Rally2.0などでも試していますが、μの低い路面だと個人的には少し難しく感じましたし、やはりコイツはオンロードでこそ100%発揮出来る。

 

一度踏んでしまうとそのコントロール性の奥ゆかしさはチョイと癖になる(笑)

SRPが言うように「SRP-GT-R 3Pは、TCR、GT、LMP、シングルシーターなど、現行の競技車両のブレーキシステムに最大限の忠実度を求めるプロドライバーのために設計されています。」という事から、ヴァレルンガサーキットに通うトップドライバー達が納得した質感と高性能さは、30万円以上もする油圧ペダルを凌駕し、半分位の価格帯でありながら高性能を手に入れられるのは欲する者にとっては喜ばしい限りであり、良き時代になりましたね💡´-

 

f:id:GenesisPlanA:20221003125346j:image

敢えて棲み分けするならば、オンロードOnlyに近しいプレイヤーで、貪欲に速さを求めるならプロレーサー向けブレーキシステムを採用する「SRP-GT-R 3P」、ラリーSIMも兼用又は日本ではドリフト派にもウケてるフィーリングを持ち、速さも得られる従来モデル✨️

 

何方も魅力的なハイエンドSIMペダルである事には変わりはなく、各々の用途に合わせて使って頂きたい🍀*゜

💪( ॑꒳ ॑💪)

 

SimRacingProホームページ

https://www.simracing-pro.com/?ref=Genesis_Plan_A

 

5%割引クーポンは12月まで

クーポンコードは"SRP-GENESIS"

 

スペインを含めヨーロッパでも、ロシアとウクライナの戦争の影響で経済的な所にも影響が及んでいるみたいで部品の調達などにも関係している事からSRP自社での確保量は得られているものの、いつまでこの状態が続くのやら……。

 

クレジットカード決済の時には、この様な商品でも2段階認証が必要になるので、予め購入する事をクレジットカード会社に申し出ておくとスムーズに手に入れられますぞ❣️

 

それでは!

今回はこの辺で!またね!

アディオス!!( -`ω-)b💕

CAMMUS Racingよりお得なクーポンGET(σ´∀`)σ

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

f:id:GenesisPlanA:20220927101308j:image

CAMMUS DDを紹介してから多くの反響があり、ご購入されるユーザーさんも増えております。

ദ്ദി˶ー̀֊ー́ )✧

 

毎日の様にCAMMUSブランドと、技術的な事やら製品などなどコミュニケーション取りつつ、ブランドの品質向上と信頼性、そしてそれを求めるユーザーさんの為にと密に話し合っています。

そんな折、日本を含めCAMMUS DDを御検討されてる多くの方々のために、日々いろいろと考えておる訳ですが、私も毎日の様にテストして、CAMMUSエンジニアへ情報を落とし込むといった事もしてたりします💡´-

 

現在、CAMMUSブランドのeスポーツ機材は特別にセール価格で販売しておりますが、この度、話し合いの末に下記リンクからクーポンコードを入力して頂くと、更に5%割引される特別クーポンを御用意しました🈹

f:id:GenesisPlanA:20220927102117j:image

https://shop.windbooster.com/?ref=NgQ2ss61mAN9xn

 

クーポンコードは「Genesis」です!

 

品質の高さと性能の確かさでは、従来のセール価格も「安すぎだろ!(笑)」と言っておりますが、彼等としては後発であり、多くの人々に使って頂きたいという企業努力での価格であり、また、自信を持って製品をリリースしている上での勉強価格です。

このセールがいつまで続けるのか今のところ未定ですが、いつかはセールも終わるかと🔚

f:id:GenesisPlanA:20220927102440j:image

この間に、当初よりホームページに掲載されている製品のラインナップもどんどん増やしてきてるので、私のリクエストに対して反応してくれたり、ほんと仕事が早いです(笑)

ドリフターにはボタンボックスレスのステアリングでも、ホイールベース本体にボタン類が備わるので普通に使えちゃうCAMMUS。

f:id:GenesisPlanA:20220927102817p:image
f:id:GenesisPlanA:20220927102825j:image
f:id:GenesisPlanA:20220927102830j:image
f:id:GenesisPlanA:20220927102822j:image

クイックリリースは質感は高いのですが単価も安いのでセットで購入したとしても割安です。

私は従来、ネットショップで売ってるクイックリリースを使っていましたが、CAMMUSのクイックリリースが安くても凄くカチッとしてるので、AccessForceProV2やSimucubeにもコレに全て換えていく予定です(笑)

 

この先にも新製品は続々と登場する予定ですよ🍀*゜

 

 

この機会に是非‼️✨

 

 

 

 

CAMMUS DD/ステアリングのパドルストロークを増やすには

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

f:id:GenesisPlanA:20220925145057j:image

CAMMUS DDに採用されてる純正のステアリング。

このステアリングですが、人によっては世界広しと言えど、いろんなタイプの手があったりサイズであったり様々です。

例えばこのGT1ステアリングのパドルストロークは、個人的には奥だと指を伸ばすので遠くて、実はパドルシフトのパネルを一番伸ばした状態が、私の手の形とサイズにはピッタリくる💡´-

(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

しかし、奥行きが欲しい場合はドライビングポジションと同じく手のポジションが気になる場合もある。

f:id:GenesisPlanA:20220925145525j:image
f:id:GenesisPlanA:20220925145522j:image

デザインがシンプルでオードソックスなスタイルなので、市販のちょっとした部品を使えば調整出来ちゃうのがこのタイプのパドルデザイン。

他社では「コレ‼️」という形でちょっとしたカスタムさえも受け付けないモノもあったりします。

 

例えばCAMMUS GT1ステアリングもGTSステアリングも同じ構造のパドルシステムを採用しているのだけれど、ステアリングを握ってパドリングすると感触は全然違うのだ。

( ´◉ω◉` )σ

 

今回は私がプチカスタムしている方法を紹介するとします♫

f:id:GenesisPlanA:20220925145921j:image

f:id:GenesisPlanA:20220925145959j:image

今回、私が採用しているモノは一般的なネットショップでも安価に手に入る。

 

①"黒色デルリンスペーサM3.0用 厚さ3mm"と、スペーサーを入れることによってネジの長さが不足するので、②チタン製"低頭六角ボルト M3の12mm"を使ってます🍀*゜

※因みにノーマルのネジのサイズがM3 6mmです。

f:id:GenesisPlanA:20220925150327j:image
f:id:GenesisPlanA:20220925150330j:image

ノーマルとスペーサー入では後者の方が奥行きが増すので、グローブを着けていてもゆとりがある。

ദ്ദി˶ー̀֊ー́ )✧

 

f:id:GenesisPlanA:20220925150615j:image

f:id:GenesisPlanA:20220925150622j:image

パドルアームの厚みが4mmで、パドルのカーボン板の厚みが約2.5mmなので、デルリンスペーサの厚みを足すと、ほんの少し余る程度。ぴったりに収めたかったらM3ボルトを10mmに変えるのもいいですが、もう少し弄りたいという場合を想定すると若干長めの12mm程度の長さがオススメなのだ💡´-

 

因みに①のデルリンスペーサーが350円くらい(8個入り)で、②のチタン製ボルトは600円くらい(10本入程)で手に入るので比較的安価に、且つ確実に強度と使用感が確保される。

(✌'ω' ✌)

 

f:id:GenesisPlanA:20220925151732j:image

実はこの手法。私が所有しているステアリングにも幾つか採用しています(笑)

実際にステアリングを握ってパドリングしてみて、カーボンパネルの位置調整だけでフィーリングが合わない場合は試してみて下さい🍀*゜

 

 

それでは!今回はこの辺で!

アディオス!!( -`ω-)b💕

CAMMUS DDWBでのDiRT Rally2.0オススメ(BEST)FFB設定

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

今回のテーマはCAMMUS DDWBでDiRT Rally2.0を楽しむ方法として、ホイールベースとソフト側でのフォースフィードバック(以下FFB)設定を御紹介したいと思います💡´-

f:id:GenesisPlanA:20220924161349j:image

これはCAMMUS DDのFFBがおかしいという訳では無いのですが、ユーザー数が増える中、当チャンネルに御相談があった事からも公開しようと思いました☺✨

どうも海外のチャンネルでろくすっぽFFB調整もせずに配信していた様で、有名どころならその辺もキチンと調整して正当な評価をして頂きたいものです(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220924163237j:image

さて、シミュレーターでこの様なSIMデバイスを使うなら、FFB調整はどのハンドルコントローラーでも必須と言って良いほど走る楽しさを豊かにしてくれる要素でもあるので、ここは私がプレイしているDiRT Rally2.0の設定を公開したいと思います。

 

これはあくまでも参考的な設定ですので自身の好みに微調整されるのも良いですし、初心者に近しい方でも参考になるかと思います。

 

先ずはDiRT Rally2.0の設定を見ていきましょう💪

f:id:GenesisPlanA:20220924162037j:image

"CAMMUS DDWB2021"を開いて下さい。

f:id:GenesisPlanA:20220925170428j:image

私の場合はトルク値はMAX。(`乂ω・´)

他のホイールベースでは設定が異なりますが、CAMMUS DDWB 2021を使う場合はこの様に設定してます💡´-

f:id:GenesisPlanA:20220925170436j:image

DDWBホイールベース側での設定がコチラ。

最終的にはメインのFFB数値は、ラリーの様な低μ路で70~80位がかなりのモリモリ感があります。

重たい場合はこれより下げると宜しいかと思います。

スマホ📱アプリで名前をつけて保存すれば、いつでも呼び出せます(👍'∀')👍

 

2段目にある"Effects Ratio"の項目はオンロードでのSIMソフトではMAX傾向に調整される訳ですが、DiRT Rally2.0だとSIMソフトウェア側でマイナスのエフェクトが働く傾向でハンドリングを阻害するので低めにしてます。

f:id:GenesisPlanA:20220925170428j:image

ステア操作時に妙な抜け感を感じたり、土のモリッとした質感を得るなら"ステアリング回転の重さ"の数値を上げると程よい質感が得られるでしょう。

ᕙ( ˙-˙ )ᕗ

 

これはSimExperience AccuForceProV2も似たような傾向ではありますが、デフォルトではなくてソフトウェアのプリセット設定を使えば似た様な質感を感じる事が出来ます。

 

CAMMUS DDWBも同じく、似た様な設定をする訳ですが、この様に上手く調整してあげると没入する位に気持ちよく走れます。

f:id:GenesisPlanA:20220924163312j:image

今後も何かしらオススメセッティングを公開するかも知れませんが、当方のブログを参考に見て頂ければと思っております。

 

それでは、楽しいSIMライフをお送り下さい🍀*゜

ദ്ദി˶ー̀֊ー́ )✧

 

アディオス!!( -`ω-)b💕

 

 

eliteペダルが生まれ変わったゾ!/FANATEC CSL elite Pedal V2がリリース✨

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

ここのところ、また修理案件だ検証案件だと少し忙しいです。

(A;´・ω・)フキフキ;;;;;;

 

先日にリリース公開となったFANATEC CSL elite Pedal V2✨

f:id:GenesisPlanA:20220920101415j:image

f:id:GenesisPlanA:20220920101431j:image
f:id:GenesisPlanA:20220920101429j:image

待望の非接触磁気センサーを漸く採用されました。

と言いますか、何故このタイミングで此方のペダルがリリースされたのだ⁉️

今ではエントリーユーザー向けのCSL Pedalが存在するのにだ‼️

•́ω•̀)?

 

これはFANATEC的に意図があっての事だと思いますが、元々先代から人気のあったCSL elite Pedal。

贅沢にも鋳造フレームで強固な造りと耐久度から比較してもコンシュマー向け(XboxPlayStation)のペダルにしては過剰な迄に超丈夫😍

 

しかし、欠点であるセンサーがポテンショメーターという事もあり、ブレーキはロードセルセンサーを奢るけれどアクセルとクラッチに関してはトラブルの話が尽きないが、Logicoolやスラストマスターから比較しても遥かに少ないのだ💡

ヾ(*´ω`*)ノ

 

f:id:GenesisPlanA:20220920102028j:image
f:id:GenesisPlanA:20220920102031j:image

パッと見、変わらないけれど、よく見ると新しく生まれ変わったCSL elite Pedal V2。

アクセルとクラッチには磁気を利用したセンサーが備わる。これは今ではポピュラーな手法ではあるが、そこはFANATEC流に設計されている。

ペダルフレームはまんまだが、この磁気とセンサーとの距離を数値化して測る。

ポテンショの様な踏み込んだ時に角度を測る構造とは一新されている。

f:id:GenesisPlanA:20220920102444j:image
f:id:GenesisPlanA:20220920102447j:image

ブレーキに関してはロードセルセンサーが定格200kgであるが、踏み込む圧力は90kgスケールに。そして従来採用されていた低反発ウレタンフォームからコイルスプリングへと変更された為、ウレタンの変色やCS性(復元性)も無く、今どきのスタイルに変わっているのだ💡

先代と同じくゴムMODが付属。ショア硬度 65、75、85 のエラストマー スプリングが付属 (工具不要で調整可能)

FANATEC的にはメタルスプリングとエラストマーによる「デュアルステージ」プリロードフィーリングと表現している。

 

CSL Elite Pedals V2 は、付属の RJ12 ケーブルを介して、サポートされている任意の FANATEC® ホイール ベースに直接接続して使います。または、付属の USB ケーブルを使用して、スタンドアロンの USB デバイス (PC 上) として使用することもできます。

f:id:GenesisPlanA:20220920102952j:image

これは従来のCSL eliteでも採用されていたが、ラバーパットも付属するので滑りを嫌うユーザーにとっては嬉しいポイント。

f:id:GenesisPlanA:20220920103215j:image

FANATECと言えばホイールベース側でブレーキの踏む感度を調整出来るのもメリットとしてある。脚力には個人差がある為、この様な親切設計は有難いところ。

 

まぁ、細かいところは割愛しますけれど、強固なフレームはキープコンセプトで受け継がれ、細かい部分を含めて耐久度の低い部分を底上げして信頼性を増したエボリューションモデルである事。

 

CSL eliteというと吊り下げ(Inverted)スタイルのユーザーにも好まれる傾向ではあるので、既存のCSLペダルに不満を感じるなら選択肢としてアリだと思います🍀*゜

ദ്ദി˶ー̀֊ー́ )✧

 

f:id:GenesisPlanA:20220920104038j:image

じゃあCSLペダルはどうなるの?って事なんでしょうけど.........。

アクセルとブレーキに関しては悪くは無いけれど、ブレーキに関しては、かなりなカチカチ度合い。

初めて踏んだ人は面食らっただろう‪💧‬

“ᕕ( ᐛ )ᕗ,,

 

ベンダーやプレスで形成された薄肉で軽量なペダルとしては今どきポピュラーになりつつあるも、先代となるCSL elite Pedalほどの爆発的な人気は今のところ無かった。個別で敢えてチョイスする傾向のペダルではなくて、GRANTURISMO Pro DDとセットで買う~的な傾向が強かった為にPCでのSIMプレイヤーは安価だから買う的な傾向がありましたね。

それでもコンシュマー向けのペダルとしては、どのブランドよりも強固な造りである事には変わりはなく、チープな故障する事も無かった。

f:id:GenesisPlanA:20220920104623j:image

MOZA Racingでも安価なSRP Lord Cell Pedalキットを出してきた事も意識してか、もしかしたらFANATEC的に、CSLペダルのフィーリングがあまりウケが無かった事もあってか、CSL elite Pedal V2としての改良とリリースに踏み切った感がありますね💡🤔💭

上位グレードにはV3ペダルもありますしね。

安価帯のペダルとしては二枚看板といったところか。

 

まぁ、先代のCSL eliteの安定化改良に関しては、Twitter等でも写真と共に開示して、散々そこら辺の情報をオープンにしてきてるので、リサーチしてみるとかなりネタパクはされてきてるが。あれは自身で試行錯誤しないと出てこない答えたyo🍀*゜(笑)

 

アクセルとクラッチが非接触磁気ホールセンサー、ブレーキはメタルスプリングとゴムエラストマーMODを携えて、新型をリリースに踏み切ったFANATECとしては自信を持っての事でしょう。

f:id:GenesisPlanA:20220920101429j:image

今後、このペダルが何処まで伸びるのかは分かりませんが、CSL LCペダルが26900円、追加ラインナップのCSL elite Pedal V2が39900円。御存知の方もいらっしゃるとは思いますが先代のCSL elite Pedalと価格は同じ位に収めてきてるのは価格的にもFANATECの勉強した価格であり拘りであろう。

 

安価帯のペダルは激戦区と化している市場であるが、USB接続も可能という事もあって、コンシュマーに限らず市場を賑わせるに違いない(笑)

 

また、余談ではありますが!

f:id:GenesisPlanA:20220920111613j:image

先代のCSL elite Pedalから、アクセルとクラッチに関しては柔らかい傾向ではあったのでBKLabの様なサードパーティでもダンパーMODがリリースされています。

彼等はヤル気があるので微妙に取り付けとか合わなければ作ってくる筈ですが、今のところまんま着きそうな感じもしますけどね(笑)

形こそ合えばそのまま流用出来るとは思いますのでカスタムするのもアリなんじゃないかな💡と思いますね🍀*゜

 

 

それでは、今回はこの辺で!

またね!

*˙︶˙*)ノ"

 

 

CAMMUS DDWBのファームウェアの導入について!とスマホ📱で使えるAppなど

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

CAMMUS DDWBのファームウェアを実装するにあたり、スムーズに進むのと、進まないケースがある事をご紹介したいと思います💡

f:id:GenesisPlanA:20220918122315j:image

CAMMUS DDWBを使い始めてから、実は所有している他のDDを使わなくなった位に楽しいDirect Driveホイールベースですが、恐らく、このDDを初回導入するに辺り、ホーム画面で最新のファームウェアを促されるケースがあります。

これは「初回導入時にだけ関係してくるもの」だと思いますが、その原因とその後の導入に辺り、私が解説していきたいと思います💡

 

f:id:GenesisPlanA:20220918122727j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918122724j:image

先ず、ソフトウェアを起動するとホーム画面上に"新しいファームウェア"があるよ!って表示が出た場合、ウィザード(案内)に従って進めていけばホイールベースファームウェアがスムーズに実装されます。

導入後にホイールベースとソフトウェアを再起動すれば完了になります🍀*゜

ദ്ദി˶ー̀֊ー́ )✧

 

しかし、ファームウェアが正常に反映されない場合は、赤い文字でメッセージが出る事があります。

f:id:GenesisPlanA:20220918123107j:image

これは初回のみに起こり得る可能性がある💡という事を頭に置いておいて下さい。

(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

その原因となるのは、初めてDDを購入したのがCAMMUSである場合、そして、このDDを入手する前に使っていたホイールベース(ハンコン)がスラストマスター製のものを使っていた場合に起こり得るのです。

原因となるのは、そのスラストマスターのソフトウェア!実は余計なドライバーが邪魔する事でファームウェアの導入を妨げる要素になってたりするのです。

 

では、そのような場合に備えてCAMMUSファームウェアの導入手順を紹介していきたいと思います☝️💡

f:id:GenesisPlanA:20220918123719j:image

f:id:GenesisPlanA:20220918123620j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918122724j:image

先ず、ソフトウェアを起動した際に新しいファームウェアがあるぞ!とメッセージが表示された際に、その案内に沿って作業を進めて下さい。

f:id:GenesisPlanA:20220918123826j:image

スラストマスターのファームウェア&ソフトウェアが過去から入っていると、「error:DFU device find faild」という赤文字のメッセージが表示されましたら失敗します。これはわざと失敗する事も含まれますが、ここから次の手順で、ここから説明するドライバーを指定して削除します。

 

Windows PCの左下「ここに入力して検索」の枠内に「デバイスマネージャー」と入力して、Windowsのデバイスマネージャーを起動して下さい。

f:id:GenesisPlanA:20220918124522j:image

バイスマネージャーのドライバー類の中に、「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」をクリックすると詳細が表示されます。

その一覧の中に「Guillemot STM DFU Device」というものがあります。

実はこれが邪魔をしてるのです。

f:id:GenesisPlanA:20220918124345j:image

これを右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックする。

f:id:GenesisPlanA:20220918124823j:image

バイスのアンインストールウィンドウにGuillemot STM DFU Deviceが表示されます。

「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」にチェックを入れ、「アンインストール」をクリックする。

 

これでここまでの作業は完了です(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ホイールベースの電源を一度切り、再び電源を入れ、The CAMMUS PC Appを起動します。

 

ここで再び新しいファームウェアがある事を促さされる筈なので案内に従って進めて下さい。

f:id:GenesisPlanA:20220918125348j:image

ファームウェアが正常に完了したなら、この様に表示されます🙆‍♀️

処理はあっという間に終わります(笑)

 

念の為にホイールベースとソフトウェアを手動で再起動しておくと確実です。

ദ്ദി˶ー̀֊ー́ )✧

 

f:id:GenesisPlanA:20220918123719j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918125620j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918125617j:image

正常に作用したなら、この様に各メニュー画面外閲覧出来て、コントロールも容易に出来ますゾ❣️

 

あと、CAMMUSといえばスマートフォンアプリでコントロール出来る機能があります。

これは例えばレーシングSIM等をプレイしてると、フル画面表示設定している場合にWindows上での画面が切り替わらないモノも少なくはなく、あれって凄く煩わしくて面倒...

( -᷄ ω -᷅ )

 

そんな時にPCでのCAMMUS Appを弄りたくても出来なかったりする時に凄く便利💡

f:id:GenesisPlanA:20220918130334j:image

スマートフォンでのCAMMUS Appは無料で使えます。スマートフォン(私の場合はAppleApp Store)で検索すると出てきますのでインストールします。

f:id:GenesisPlanA:20220918130530j:image

Appを起動するとデフォルトの言語が中国語ですが、先ずは「CAMMUS SIM GT1」をタッチしてBluetoothホイールベースとリンクさせます。

f:id:GenesisPlanA:20220918130709j:image

画面右上の○で囲んだ部分をタッチすると言語を英語に替えられます🙆‍♀️

そう、今のところ中国語と英語の選択肢しかありませんが、操作するメニューは至って普段使う用語なので困る事は無いでしょう。

f:id:GenesisPlanA:20220918130914j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918130916j:image

画面上には「CUSTOM」「RACING」「DRIFTING」「RALLY」と、タッチすれば切り替わりますし、バーの点を指で触ってスライドすれば簡単に操作が可能です🍀*゜

 

⚠️ここでひとつ注意点がありまして、ステアリング舵角を弄る際にはステアリングに手を添えて作業しない事‼️です。

プレイするSIM(シミュレーター)によっては15Nmクラスのトルクが突発的に掛かり、ステアリングが瞬時にグルンと回る時があるのです。

それは他社のDirectDriveホイールベースでもあるのですが、誤作動では無いにせよ、稀にそういう瞬間的なガツンとしたトルクが出て危険な瞬間があったりするので気をつけて下さいませ🍀*゜

(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

f:id:GenesisPlanA:20220918132112j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918132121j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918132115j:image
f:id:GenesisPlanA:20220918132118j:image

さて、今回は初回導入時に、稀に起こり得るであろうファームウェアの実装手順と、スマートフォンにおけるCAMMUS Appの導入手順、そして注意点として記事にしてみました。

ここのところ、日々ドライビングを楽しむにあたり、他のDDも所有しているけれども殆どCAMMUS DDWBしか使っておりません(笑)

楽しいんですよね♡

 

BESTも更新してますし、今後も益々面白いSIMライフが送れるのではないかと思い、走る事も速さを追求する事も楽しみたいと思います😊✨

 

CAMMUS e-Sports Racing Sim/CAMMUS DDWB2021レビュー

(○・∀・)ノ マイド!!

少しばかりご無沙汰しておりました。

 

今回ご紹介するのは、日本ではまだ知名度が低いが海外では割とメジャーな存在である"CAMMUS"についてご紹介したいと思います。

f:id:GenesisPlanA:20220912080501j:image

今どきのハンコン(日本での略称)市場はとても目まぐるしく、ここ2年ほど見ても新しいブランドが参入してくるなど賑やかになってきました。

 

所謂コンシュマー色の強いLogicoolやスラストマスター、そしてPCと兼用するマルチな使い方が出来るFANATECがあり、世界中の多くのPSやXBOXプレイヤーが愛用しているブランドであり、そこに割って入ってくるか?と思えるNewカマー"MOZA Racing"が日本市場へ流れ込んで来ており、市場を賑わせております💡

f:id:GenesisPlanA:20220905114910j:image
f:id:GenesisPlanA:20220905114913j:image

f:id:GenesisPlanA:20220905115539j:image
f:id:GenesisPlanA:20220905115542g:image

MOZAと言えばご存知の方もいらっしゃると思いますが、MOZAはこの「ジンバル」で有名で、個人~商業用途に手持ちなどのジンバル機構のコントロールが特徴のブランドです。

MOZA DDにこのジンバルの技術が関係しているのかどうかは定かではないにせよ、造りに関しては、デザインや機能美、スペック共に従来から居るライバルとは遜色は無く、ここのところ少し安価な価格設定で市場を伸ばしてきて来つつある。

 

そしてMOZA Racingは、つい最近、セットで10万円(日本円)を切る価格帯の5NmクラスのDDの販売がスタンバイしておりますが、ステアリングには十字キーがデザインとして備わっているのでXBOX又はPlayStation対応する?コンバーターも自社で出すのでは無いかという情報があったりします。

MOZAの方向性としてはFANATECを意識したアプローチで市場に切り込んできたニューカマー。

質感はなかなか良い☀️ჱ̒ ー̀ ー́ )

 

さて、ここでは"CAMMUS e-Sports Racing Sim"のDirect Drive(以下略:DD)を御紹介する事となるが、このホイールベースは15NmクラスのDDである為、価格帯的に見てアンダー20万円クラスと線引きして紹介して行きたいと思います🍀*゜

しかし、侮るなかれ!質感としては十分なポテンシャル✨️

 

先ず、アジア市場はホットだけれど日本ではまだ聞き慣れない"CAMMUS"(日本語読みとしてはケーマスで宜しいのではないかと思います)って何?って思う方も居るかも知れません。しかし車好きなら御存知の方々もいらっしゃると思います。

 

日本の自動車市場では昔から名の知れた有名なチューナーブランドがあって、海外では海外市場の外車に使うチューニングツールとして、そして自動車業界として"CAMMUS"は存在する。

f:id:GenesisPlanA:20220905121245p:image

f:id:GenesisPlanA:20220905121044j:image

例えば、「ウィンドブースターパフォーマンスチップ」と呼称する製品は、自動車のECUを再フラッシュしないでエンジン出力をBoostする、最もスマートなガジェットであり、出力コントロール、スロットルの応答性の改質などの性能アップを主とした製品である。

自動車用のチューニングパーツの一つなのである。

f:id:GenesisPlanA:20220905121700j:image

そして"CAMMUS"はEVレーシングカートも手掛けるポピュラーな存在である。瞬間的に多くの電力をサーボモーターに流す過酷な使われるこの様な分野にも存在する。一見単純な制御であると思われるが瞬間的に大量の電流を送り込み、モーターで制御するというEVカートとしてはスピードレンジが高い部類のカートであり、レジャーとしてのカートだけではなく、EVスポーツとしてのレーシングカートでもあるのです。

f:id:GenesisPlanA:20220905121910j:image

そして今どきの環境問題に対応すべく世に出されたEVスーパーカー"TITAN"がある。最高速度は260kmで0-100kmまで加速するのに3.9秒というスペック。

高性能電動パワートレイン、バッテリーシステム及び、自動車全体の研究と専門的な生産に関する幅広い知識を備えている。

 

"Shenzhen CAMMUS Electronic Technology "

実は"CAMMUS"ブランドの創設者である胡氏は大の車好きでプロフェッショナル。CAMMUSのジェネラルマネージャーでありチーフエンジニアでもある。

 

さて、レーシングSIM市場としては後発であるが、そのCAMMUS e-Sports Racing SimからリリースされているCAMMUS DDとはどんなものなのか。

遡ること、もう2年ほど前だっただろうか。その当時は具体的な写真の掲載はなく、出来たホイールベースのみのCAD画をHPに載せていたと記憶している。

 

f:id:GenesisPlanA:20220912082658p:image
f:id:GenesisPlanA:20220912082653p:image

その当時から着眼していたが、ここ最近になって活発化してきており、周辺機器やコックピットRIGまでセットでシミュレーター市場に展開している。

現在は完成系である写真に擦り変わっているが、コチラが現在のCAMMUS DDWB2021である。

"CAMMUS e-Sports Racing Simulator DDWB2021"という呼称になります。少し長いので以下"CAMMUS DDWB"と呼ぶことにしましょう。

f:id:GenesisPlanA:20220912083323j:image

実はここ3ヶ月半ほど前に遡るが、シミュレーター事業を担当しているCAMMUS責任者さんとずっとコミュニケーションをとっていた。具体的なラインナップの充実と、実はレーシングイベントにも主催として行っていたり、参加も精力的に行っている。ほぼ毎日の様にコミュニケーションをとりつつ今日に至る訳ですが個人的に親密な関係が築けました。

そしてついに先日、CAMMUSから公式に私の手元にCAMMUS DDWBがメーカー直送で送られてきました。

f:id:GenesisPlanA:20220912084156j:image

これらが収まっていたダンボールには"Gene"専用という事でサインがされていた(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220912083617j:image

今回、私がチョイスしたのはCAMMUS DDWBと、GTSレーシングホイール、非常停止キルスイッチを指定🈯️

何とこのセットで19kgとかなり重い。

f:id:GenesisPlanA:20220912083903j:image

f:id:GenesisPlanA:20220912083922j:image

ホイールベースはアルミ削り出しのボディと端面がCNC旋盤で削られ、金属製である光る部分が良いアクセントになっている。全体重量としては当然重いが、これはトルクによる振動抑制やヒートシンクデザインもあってトータルの安定性を求めたデザインとなっている。

ステアリングホイールに関してはGTスタイルである"GTSホイール"であるが、コチラもやはりボタン類以外は全て金属製なのである。

f:id:GenesisPlanA:20220912084419j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912084426j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912084423j:image

そしてキルスイッチまでをも金属製。重厚感半端ないです💡

FANATECのキルスイッチがオモチャに見えてしまいます(笑)

ホイールベースの前面に備わるボタン類は、実はステアリングホイールにボタンが無い場合は、ボタン類のアサインを補う役割もあり、ドリフトする人ならそこに利便性もあったりする。また、ステアリングホイールに備わるボタン類のアサイン(ボタン割り当て)で不足と感じた場合は、ホイールベースのボタン類を別でアサイン出来るため多岐にわたるSIMに対応出来てしまうというスグレモノ。

f:id:GenesisPlanA:20220912102843j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912102836j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912102825j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912102832j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912102829j:image
ステアリングホイールのボタンボックスもアルミという金属製で纏い、ステアリングフレームはスチールであるため重厚感が凄い。

クイックリリースはボールタイプで下面に備わるボタンを押しながらリングを引くとQRから外れ、そのまま位置を合わせて差し込むとカシャンとカッチリ固定出来て、そして微動だにしない位に固定は強固だ。

f:id:GenesisPlanA:20220912103045j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912103052j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912103048j:image

一見、ポピュラーなボタンと思われがちですが、プッシュすると光る。SIMに没入している際に光った事で反応している事が僅かに視界に入るため、プレイ中に不快感は無く、快適にプレイに集中出来る。

f:id:GenesisPlanA:20220912103254j:image

本体であるホイールベースも同様にメイン電源ボタンとダイヤル以外のボタン類はプッシュするとボタンが点灯するという細かい配慮が成されている。

f:id:GenesisPlanA:20220912103450j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912103454j:image

ホイールベース背面に排気ファンが備わるも、吸気口は何処かな?と思ったら、フロントパネルの"CAMMUS"ロゴがフィルターになっており、外観を損ねる事無くデザインと一体化した設計になっているゾ❣️

 

f:id:GenesisPlanA:20220912103636j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912103639j:image

ステアリングのグリップ径はポピュラーな太さに纏められ、握った感じはスっと手に馴染む。若干柔らかい質感をもたせたラバーグリップであるが、アルカンタラやスウェードといった毛羽立ちも心配することはなく、今日まで1週間程の使用感の激しいプレイにおいても全く表面が擦れる事は無かった。

f:id:GenesisPlanA:20220912104003j:image

パドルは任意でパネルのポジションを変えれるが私の場合は一番短い位置に固定。パドルはマグネティックであるが、パドリングした時の固さはMOZA Racingのソレと同じ位の固さであり軽快にパドル操作が可能です。

f:id:GenesisPlanA:20220912104211j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912104215j:image

ホイールベースの固定にはサイドと底部でボルト固定🔩

私の場合は底部でボルト固定しました。

f:id:GenesisPlanA:20220912104329j:image

ホイールベース背面は電源とUSBケーブル、そして同社製周辺機器がプラグイン出来るので、シーケンシャルシフターやハンドブレーキなども接続可能となっている。キルスイッチもコチラに接続する。

 

f:id:GenesisPlanA:20220912104618j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912104610j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912104616j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912104613j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912104607j:image

CAMMUS DDWBはPCでのソフトで設定・管理出来るが、実はスマートフォンアプリでBluetoothで接続する事により、ホイールベースを認識させる事でスマホでもコントロール出来るスグレモノ❣️

これが超便利で、プレイ中にPC画面を切り替える事無くスマホでEASYに調節出来るので不快感は全く無い。

f:id:GenesisPlanA:20220912104738j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912104742j:image

因みに「custom」「Racing」「Drifting」「Rallying」とボタンをタッチする事でモードも切り替えられる。ステアリング舵角など弄るとステアリングがクククッと反応してたりするので面白い✨️

f:id:GenesisPlanA:20220912105247j:image

ホイールベースのメインであるドライブシャフトを手で回すと、MiGEモーターを使うSimucube(OSW)やSimucube2のそれに似ていて凄く滑らかにヌルヌル回る。

最大トルクは15Nmというスペックではあるものの、そこはロー・トルクスペックのDDとは全く異なり力強いトルクを発生させる。

f:id:GenesisPlanA:20220912105734j:image
プレイ中に感じるトルクの質感はSimucube(OSW)の様な素直でシャープなFFBの表現に近しいもののSimucube2の様な質感も感じることから、この2つのDirect Driveに似たフィーリング。

しかし、Simucube2の様な縁石などに乗った際などの過剰なエフェクトによる突き上げ感とかはなく、ほんと自然に細かくFFBを感じ取る事が出来るのは感覚的に不満は無い!

かと言って素っ気ないシンプルなFFBか?というとそうではなく、シッカリと細かく目に飛び込む情報と感覚がシンクロする感じは凄く心地良さを感じました✨️

 

15Nmという開示スペックですが、体感的には十分に重く、適度な心地良さと、当然ながら疲労感は伴います🤣

トルク値を100%でプレイするにもシムそのもののトルク特性に依存する部分があるので、クソ重たいSIMもあれば、心地よい重さのトルク特性のSIMもある。

RaceRoomRacingExperienceなどプレイしていても、シフトアップの度にコクンコクンと漕ぎ見良いアクセントも楽しい♡

 

f:id:GenesisPlanA:20220912111222j:image

f:id:GenesisPlanA:20220912111228j:image

実はSimucube(OSW)で、Euro track simulatorやAmerican track simulator2などをプレイすると、トラックのエンジンや走行中の振動表現に凄く違和感を覚えましたが、CAMMUS DDWBではそれが全く無く楽しく配送ドライブが楽しめた🚚

f:id:GenesisPlanA:20220912111058j:image

f:id:GenesisPlanA:20220912111107j:image

DiRT Rally2.0やWRC10においても、その振動表現に不自然さは無く、他のDDとはちょっと異なり、時には細かく、時には激しくモリモリと表現するのは個人的にプレイしていて没入感がありました。

f:id:GenesisPlanA:20220912111456j:image

また、スリップした時の表現も掴みやすいため、最近ではASSETTO CORSA COMPETIZIONEの海外プレイヤーの巷で人気が出ている(笑)

FANATEC Podium DDではこの編の表現が薄い傾向があるので、スリップの瞬間的な予兆も掴みやすい傾向であるという事でCAMMUSがウケて受け入れられ易くなっているのかも知れませんね。

f:id:GenesisPlanA:20220912150703j:image

FORZA HORIZON5もサポートしていたりします。

今後もシミュレーターに限らず、人気のあるレースゲームにも少なからず対応していくのではないかと思います。

 

f:id:GenesisPlanA:20220912105741j:image

てなワケで(笑)

 

近々挙げる動画でも説明しようと思ってますが、このCAMMUS DDWBは、今まで所有した中のDirectDriveの中でも「良い味出してる」感があるので、今後も吟味して付き合っていくつもりです。

また、この市場はホットになってきてる訳ですが、どのDDでもこのクラスはハズレは無いと思ってます😌

しかし、「感じる質感」には差がある訳で、そこを私的に捉えて説明してる訳ですが(笑)

 

AccuForceProV2のユーザーがSimucube2に乗り換えても、意外とAccuForceProV2の良さに気づくユーザーも居たりします(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220912171042j:image
f:id:GenesisPlanA:20220912171045j:image

この"CAMMUS e-Sports Racing Sim DDWB"も、そんな魅力的な1台である事には変わりはなく、今後はFANATECなどに限らず、オフィシャルやってるSimペダルと同様に、CAMMUS DDは私の主力デバイスであり、今後とも付き合っていくつもりです🍀*゜

(´ฅ•ω•ฅ`)♡

 

CAMMUSホームページ

https://cammus.com/

 

CAMMUS Racing Simホームページ

https://shop.windbooster.com/product-category/gaming-racing-simulator/

 

実は今、期間限定セールやってます🙋‍♀️(笑)

 

今回はこの辺で!

またね!

*˙︶˙*)ノ"