GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

レプリカではなく本物/FANATEC Podium BMW M4 GT3ステアリングホイール

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです。

 

つい先日、FANATECから新しいステアリングホイールであるPodium ステアリングホイール BMW M4 GT3が発表されました。

f:id:GenesisPlanA:20201207135608j:image

過去にFANATECからレプリカステアリングはリリースされた実績があります。それはBMW GT2であったり、McLean GT3であったり。

 

今までとは違い、全く新しいアプローチで、レプリカではなく実際に使われるステアリングホイールを設計、デザインしています。

 

◻️フルカーボンファイバー構造のボディ

f:id:GenesisPlanA:20201207131802j:image

BMW Motorsportプロドライバーからのフィードバックで最適化され、フルカーボンファイバー構造で、究極のパフォーマンスを実現するように作られています。見てお分かりの通り、以前にもブログで説明した鍛造カーボンボディを採用しております。

f:id:GenesisPlanA:20201207134645j:image

ホイールはBMWモータースポーツの要件に合わせて指定され、プロジェクト発足からFanatecによって開発されました。

 

◻️新しい設計デザインのクイックリリース

f:id:GenesisPlanA:20201207132158j:image

実際のレースカー接続の要求を満たすために、Fanatecの電子機器は、自動車通信の業界標準であるCANバスと互換性を持たせています。また、新しいクイックリリースシステムを開発し、ホイールを耐水性と耐衝撃性にまで高めています。

f:id:GenesisPlanA:20201207132407p:image
f:id:GenesisPlanA:20201207132402p:image

このクイックリリースシステムは、既存の丸型から角型のタイプに見直されています。海外のSIMプレイヤーはこれと類似したタイプを使っていたりしますが、高トルク、衝撃の強い瞬発性の高いFFBにも耐えれる様にスリットに鉤爪を嵌めるタイプから角型で4点の面で保持するモノへと進化。

また、リングを引くことなく、押すだけでカチンと嵌るので脱着のスムーズさと、メカニカルなトラブル要素を極力排除する意識のあるデザインに変更されています。

 

因みにクイックリリースシステムは様々なタイプが存在しますが、それはSIMにおいてもリアルパーツを転用しているモノもあったりします。

f:id:GenesisPlanA:20201207134410j:image

f:id:GenesisPlanA:20201207134420j:image

f:id:GenesisPlanA:20201207134428j:image

f:id:GenesisPlanA:20201207134437j:image

FANATECはクイックリリースシステムにステアリングとの接合にピンで直にアクセスする構造のため、太く四角い形状をした独自設計になっています。

 

◻️レプリカではなく実車に使える本物

FANATEC曰く、これは2022年のBMW M4 GT3車輌にそのまま採用される事になっており、これは本物であるという。

YouTubeでアップされた動画を御覧になった方もいらっしゃると思いますが正にそれです。

f:id:GenesisPlanA:20201207133208j:image
f:id:GenesisPlanA:20201207133205j:image

実際の映像シーンではFANATEC Podiumから外したステアリングを実車に取り付ける映像をご覧になったと思います。

過去を遡ると、同じ様なデモンストレーションをしたBMW GT2ステアリングホイールの時もそうでした。同じアピールをしています。

今回は実際の車両でそのまま使える!というのが最大のアピールポイントですね。

 

◻️ロータリーエンコーダー

f:id:GenesisPlanA:20201207134938j:image

親指で操作するロータリーエンコーダーは、これまでで最高のものであり、ホールセンサーを使用することで非常に信頼性が高く、そして正確です。

f:id:GenesisPlanA:20201207135023j:image
まったく新しいプッシュプル磁気シフターパドルにより、ドライバーはどちらの手でもシフトアップおよびシフトダウン(または他の機能をアサインする事によりアクティブ化)できます。

 

◻️デザインと機能美

f:id:GenesisPlanA:20201207135130j:image

12個すべての前面ボタンとバックライト付きマルチポジションスイッチの背後にあるRGBLEDは、競争の激化の中で常に適切な入力を見つけることを意味します。実車ではCANバスを介して、PCではFanaLabを介してプログラムも可能です。

 

◻️特徴

f:id:GenesisPlanA:20201208110751j:image

BMWモータースポーツの公式製品
・多層(8層)フルカーボンファイバーボディ
・衝撃と振動、IP65定格(防塵および耐水性)の厳しい環境条件仕様に適合
・RGB LEDバックライト付きフロントボタン(色調整可能および調光可能、交換可能なキャップ)
・FanaLabを介してカスタマイズ可能
・ホールセンサーを備えた2つのカスタム設計された12ステップサムエンコーダー
・デュアルアクション(プッシュ/プル)磁気シフターパドル
・Fanatec QR2:まったく新しいクイックリリースにより、2022 BMW M4GT3レースカーでの操作が可能になります
・CANバスを介して2022BMW M4GT3と通信します
・直径310mm
・FanatecとBMWMotorsportによってバイエルンで設計および開発されました

・カーボンファイバー構造の上に成形されたラバーハンドグリップ
・700 gの起動力を備えた14個の押しボタン(前面に12個、背面に2個)
・1インチOLEDディスプレイ
・エンコーダ機能を備えた3つのバックライト付き12ポジションロータリースイッチ
BMWロゴの下の4方向十字キー
・2つのデュアルホールセンサークラッチパドル
・統合されたUSB-Cポートを介してアップグレード可能な新世代ファームウェア
・WindowsPCと互換性があります
PlayStationライセンスのホイールベースに接続すると、すべてのPS4およびPS5システムと互換性があります
・1400g(約)

 

◻️その他

今回発表された新型ステアリングホイールBMW M4 GT3に採用されているクイックリリースシステムは、従来のモノとはタイプが大きく異なります。従来の丸型でオードソックスなスタイルは歴史が長いのですが、それはCSLやCSW、Podiumにも採用されていました。今回の新開発クイックリリースシステムでは、ステアリングの取り付け軸も、受け側も全くの新設計であり、資料を見る限りでは今後のモデルが同じクイックリリースに変わる可能性も有り得る。

f:id:GenesisPlanA:20201207140031p:image

だとすると、今回はPodium対象のステアリングとクイックリリースシステムではありますが、高トルクを発生するFANATECのDDラインナップはコイツに移り変わっていく可能性だってあるという事もあります。

すると、従来から所有していた丸型クイックリリース製品はどうするの?って事になるとは思います。そこ大事な所ですよね。

従来のクイックリリース接合部もと換装するのかしないのか?流用するにも微妙に径が違うから根元から換装だと予想します。

f:id:GenesisPlanA:20201207155741j:image

何にせよ、今のところ価格も細かい部分も分からないので、リリースされるその時まで待つしかない!

 

 

アディオス!!( -`ω-)b💕