GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。SIMは世界的な範囲で扱った実績は多く複数台を所有しています。問い合わせが多く一問一答する傍ら、リサーチなどの知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画で配信さてたりします。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。どうぞ宜しくお願い致します!

Pimax VRの魅力✨お得なお知らせ💁

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

FOV170~200°という超高視野角、高解像度のPimax VRは、没入したい時や、シミュレートしたい時には抜群に楽しいアイテムです👍🏻👍🏻

f:id:GenesisPlanA:20220322113503j:image

VRは個人的にも使う際には、その空間にベストマッチしたい時に活用してます。何故、VRなのかと申しますと、モニターを観てるのと、Pimaxほどの高性能VRを使うとでは空間認識はモニターの解像度を幾ら上げたとしてもVRの方が利があり、そして雲泥の差がある。

f:id:GenesisPlanA:20220322111859j:image
f:id:GenesisPlanA:20220322111857j:image

f:id:GenesisPlanA:20220322111918j:image

モニターの前に着座して操作してる感は無く、もうコックピットに乗っちゃってる(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220322112130j:image

ル・マンやWECなどの車輌も、モニターを3画面にするとサイドウィンドウからの視界は確保出来るものの距離感があるし、死界もそれなりにあるのだ💡

Pimax位の高視野角なVRは、コックピットから覗かせる視界はコックピットに乗ってるソレと同じで、こんなHYPERな車輌だとエアロダイナミクスを考慮してるのですが、コックピットに乗ってるもんだから視界は驚くほど良好なんです(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220322112609j:image

ハイトルクDDや高性能SIMペダルなど、トータル面で超リアル体験出来ちゃうんですよね。

コレはちょいと癖になるリアル感です🍀*゜

 

一昔前や、一般的なVRだとFOV角も110°と狭い上に頭を動かす範囲も大きいので、「見る」というよりは「覗く」という感覚に近しいのですが、Pimaxだとリアルの運転と同じく頭の動きは最小限で、瞳だけが見たいポイントを追えるので疲れも凄く少ないんですよね💡これはマジでビックリです。

f:id:GenesisPlanA:20220322113027j:image

それはレーシングやフライトSIMに関わらず、いろいろなシーンでも高解像度・高視野角が活かせるので凄く人間の感性に近くなる。

f:id:GenesisPlanA:20220322113356j:image

f:id:GenesisPlanA:20220322113406j:image

以前にもブログで報じたように、分かりやすく言うと、視野角の狭いゴーグルと視野角の広いフルフェイスヘルメット位の違いはあります💡

OculusなどのVRだと頭を大きく動かしてしまうので、収録映像も凄く動いてしまう……。

視聴される人も画面酔いしてしまう程に(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220322113446j:image

実際のプレイ映像はVRという空間に溶け込んでる様に見せる事は難しいのですが、実際にVRを装着すると思わず声が出ていますほどスッポリと空間に溶け込んでるんですよね💡

一番ハイグレードなPimax 8K Xだとネイティブなデュアル4K(両目で8K)なので、ほんとこれはマジで凄いです👀✨

f:id:GenesisPlanA:20220322113905j:image
f:id:GenesisPlanA:20220322113907j:image

トラックSIMでも、やはりそこは自然な感じでトラックも着座して運転しちゃってる感が凄くて超リアルなんです(笑)

f:id:GenesisPlanA:20220322114034j:image
f:id:GenesisPlanA:20220322114029j:image
f:id:GenesisPlanA:20220322114032j:image

あと、PimaxだとVR本体の下部にあるUSB-Cが備わってますが、そこに接続するハンドトラッキングも面白いアイテムです。

特に本格的なSIMでは有効なオプションです。

( ̄^ ̄)ゞ

 

指の動きを読み取るハンドトラッキングは細かい作業にはまだ追いついていませんが、計器類のスイッチなどポチポチする事は可能な訳で、それでもある程度までの操作は可能な訳で、次世代のツールとして先駆けて柔軟に開発に取り組んでるPimaxブランドは凄く面白いです。

 

画像処理も軽いのも利点ですので、それほどハイパワーなゲーミングPCでなくても動いてくれるのは助かりますね💡

f:id:GenesisPlanA:20220322114947j:image
f:id:GenesisPlanA:20220322114950j:image

Pimax VRは今まで使ってきたVRの中でも群を抜いており、今や私も欠かせないツールとして愛用してます👍🏻👍🏻

今では購入した歴代のPimaxが3台も持ってます(笑)

処理が軽い順に、Pimax 5K plus、Pimax 8K plus、そしてネイティブ8KのPimax 8K Xですが、最近では専ら8K Xばっかり使ってます。これはやはりネイティブ8Kという高解像度が超クッキリなので、高解像度モニターと変わらないぐらいに綺麗✨

f:id:GenesisPlanA:20220322115913j:image
f:id:GenesisPlanA:20220322115911j:image

写真はVR用度付きレンズ"VR Rock"を着けていますが、Pimax 8K Xから覗く画質はご覧の通り🍀*゜

病みつきになりますね(笑)

 

あと、リフレッシュレートの事を聞かれた事がありますが、VRのリフレッシュレートは今時のハイクラVRでも90Hzも出てれば流れる映像はベリースムーズです。

Pimaxシリーズでは160Hzも出るモデルもありますが、VRの場合はゲーミングモニターと違って瞳との距離が近いので違和感はありません。

仮に他のブランドのブランドでも高リフレッシュレートにすると視界も狭く限定される上に画質としては濁る傾向なので、超綺麗なグラフィックを求め、且つ快適に気持ちよくプレイするならば90Hzも出てれば十分なんです。これは100万円ほどする商業用途のVRも同じくなんですよね。

f:id:GenesisPlanA:20220322121619j:image

因みにPimax 8K Xでもアップスケールモードという機能がありまして、110Hzに上げれるものの画質としてはネイティブにはならずに少し濁ります。度合いとしてはPimax 8K plusより若干濁るか同等な位です。

しかし、他社のVRよりも高画質なんですけれどもね💡

個人的にはネイティブな、クッキリ鮮やかな画質でDiRT Rally2.0やiRacingなどプレイしてるのが楽しいのでネイティブ固定にしてます🍀*゜

(ノ∀`笑)

 

 

実はPimax公式パートナーとなった事で、皆様に少しでもお買い求めし易い様にと話合いの末にいつでも割引される専用公式ページと、割引クーポン🈹が適用される様になってます🤝

 

https://pimax.com/?ref=nvdlFH

 

クーポンコード:GenesisPlanA

 

発送は日本の窓口から発送されますのでそれ程待たずに商品が到着します。

※在庫の有無やオプションにもよる

 

コレを語る事があり過ぎてブログでは書ききれない事が沢山あります。

少しでも魅力が伝われば良いなと思ってます。

 

過去にもPimax VRの記事を書いてますので、ここに記されていない情報等はそちらを参考にしてみて下さい。

 

この機会に是非とも体験してみて下さい👍🏻👍🏻

 

 

それでは!またね!

アディオス!!( -`ω-)b💕