GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好んでプレイしています。FANATECユーザーになってからは長く、他機種も含め扱った実績は多いです。race経験者だったということも相まってか何かといろいろな問い合わせが多いのでブログを開設しました。試した事や色んなレビューをYouTubeなどの動画配信と併せて記録として残していきたいと思っております。GenesisPlanA(巷ではジェネさんと呼ばれています)。海外勤務=在住もあり、語学力はそこそこ。海外の情報も耳をダンボにして収集してたりします(笑)呟き風にお届けします。

お手頃価格でDDへステップアップ!SIMAGIC M10 DDWとは?Simagic Dynamic

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

今回御紹介するハンコンはSimagic Dynamic製のSIMAGIC M10 DDW  Kitになります。Logicool、thrustmaster、FANATECなどのベルトドライブからのDD(ダイレクトドライブ)に比較的安価な価格でステップアップ出来るのが特徴です。

f:id:GenesisPlanA:20200124105734j:image

 

◻️SIMAGIC M10 DDW

M10 DDWは、セミプロ10Nmトルクダイレクトドライブシステムで、ダイレクトドライブシーンのミッドレンジスペクトルに対応します。 ステップフィーリングを感じることなく、滑らかなステッピングモーターで車を運転する自然な感覚を得られます。運転中にオンザフライでFFB&ダンパーダイヤルにアクセスできる、これまでにないスマートなダイレクトドライブ。4つのハイエンドプッシュボタン、チューンモード機能用の2 x 3ウェイトグルスイッチ、2つのロータリーエンコーダー、調整可能なスローおよびパドルイヤー調整を備えた磁気パドルシフターを備えた完全なカスタムステアリングホイールが付属しています。 Logitech、Thrustmaster、Fanatec CSL / CSWからeSportsの次のレベルにアップグレードしたい中級ユーザーに最適です。 

f:id:GenesisPlanA:20200124110037j:image

◻️強力なダイレクトドライブモーター

同社のブランドには上級モデルのAlphaもあります。AlphaはSIMレース専用に設計されたサーボモーターを使用しています。 一方、M10は工業用のステッピングモーターを使用します。 カスタムメイドのモーターはすべてSIMレース用に特別に製造されています。

サーボモーターの応答は、ステッピングモーターとは大きく異なります。 前者は高速回転で高トルクを維持できます。 トルクはフォースフィードバックを反映するため、これはシミュレーションレースにとって重要であり、あなたの実績を打破するための究極の鍵となります。

Alphaは高負荷状態でも15 Nm以上のトルクを生成できますが、M10は最大10 Nmのトルクを生成できます。 ほとんどの実際のレースカーのトルク出力とパワーステアリングを一致させます。

f:id:GenesisPlanA:20200124110312j:image

◻️専門家によって仕上げられた感触

現実の世界を運転しているように感じてほしい。 そのため、複数のレースドライバーを招待して、製品に関するフィードバックと提案を提供しました。

アルファは、プロのGTレーサーと多数のタイムアタックドライバーによってテストおよびチューニングされています。

ダイレクトドライブホイールベースマネージャーソフトウェア-Race Managerを使用すると、トルク出力の変更、フォースフィードバックの微調整、ホイールベースのカスタマイズされた多数の詳細フィードバックを行うことができます。

f:id:GenesisPlanA:20200124110352j:image

~超低応答時間~高速処理によるレスポンス

反応する時間は、頂点に近づいたり、相手を追い越したりするときに是正措置を取るために重要です。

AlphaとM10の両方には、モーター、ゲームエフェクト、USB通信を制御する3つのCPUがあり、フォースフィードバックの詳細をすべて維持しながら、最速のシステム応答時間を実現しています。 シミュレートされた世界とドライバーの間の障壁を自然に取り除きます。

優れた保持トルク、最高の滑らかな動作、並外れた低コギング性能により、実際のレースカーを運転するのと同じような運転体験が得られます。

f:id:GenesisPlanA:20200124110453j:image

◻️SIM RACINGは初めてですか?~ここから始められます

(※Simagic Dynamicからのメッセージを一部抜粋)

時代遅れのベルト駆動システムを忘れてください。 ダイレクトドライブは、実際のレースカーステアリングのダイナミックレンジを実現する唯一の既知の方法です。 車輪が路面を蹴り出す感触を純粋に感じることが出来ます。フォースフィーバックのシミュレーションを最大化するために、ホイールを高速応答のダイレクトドライブモーターに直接接続します。これは、プロのシムレーシングに向けた唯一の方法です。
f:id:GenesisPlanA:20200124110623j:image
エントリーレベルのシムレーシングホイールベースとして、M10はシムレーシングに最適なトルク範囲を確保しました。 必要な最大の力は、通常、縁石または丘の底に当たったときに発生します。

6-8 Nmは通常の人々がシムレースに十分であると判断したもので、残りの2-4 Nmはフォースフィードバッククリッピングを最小化し、フォースフィーバックの突然の変化を反映するために使用されます。

f:id:GenesisPlanA:20200124110716j:image
~実際のレーサーでテストおよび調整を済ませた、より細かく、より滑らかに、より現実的なインフォメーション~


設計プロセス中にプロのドライバーを招待しました。反復による情報解析は実際のレースを最もよくシミュレートするために行われました。

ステッピングモーターの全機能を発揮するために、M10は3つのCPUを使用して信号を処理します。 結果は驚くべきものです。Tri-CPU構造により、究極のリフレッシュレートと更新レートが実現します。 USB通信では1000 Hzのリフレッシュレート、フォースフィードバックコントロールでは40000 Hzの更新レートを実現しています。

f:id:GenesisPlanA:20200124134601j:image
 
◻️仕様
・ M10 DDWモーター

・レザーまたはスエード付きのラウンドまたはDステアリングリム

・カスタムメイドのカーボンファイバー+アルミニウムパネル

・4x押しボタン

・2xトグルスイッチ

・2×ロータリーエンコーダー

・調節可能なスローを備えた磁気パドルシフター

・オン/オフボタン付きの単一電源ユニット

・モーターマウントブラケットが付属

 

陽極酸化表面、前面および背面カバー用の炭素繊維パネルを備えたCNCアルミニウムハウジング

・シムレーシング用に最適化された三相ステッピングモーター

・最大トルク10 Nm

・AC 100-220V、50 / 60Hz(アダプターはデバイスにのみ標準装備)

・PCのみ、F1 2019、Dirt Rally、Assetto Corsa、rFactor 2などのすべての主要なPCゲームをサポートします。

・PCへの接続用のUSB-B、プラグアンドプレイ、クイックリセット用のリセットボタンが利用可能

・Race Managerクリックしてダウンロード

・1回転あたり16385パルス

・ゲーム内データ通信の場合は1000 Hz、強制フィーバック制御の場合は40000 Hz

・12か月、オプションで3年または5年保証の延長(購入時にのみ利用可能)

f:id:GenesisPlanA:20200124134614j:image

◻️価格帯

価格は海外のネットSIMショップで$999、今なら$899で少々お安く買えるようです。

 

◻️オプション

別体で異なるスタイルのステアリングもラインナップとして備える。for GT1ステアリング。価格は$449。

f:id:GenesisPlanA:20200124111311j:image

 

◻️その他の特徴

DDユニットとステアリングはクイックリリースで脱着可能で、ここにもマグネティックを採用。容易に外れず丈夫に出来ています。シーンに合わせて簡単に選択できます。

FFB最大発生トルク10Nmというレベルを考えると、ベルトドライブからのステップアップ用途と考える。しかし10NmレベルはFANATEC CSWより、やや大きく、MAXトルクでの使用には怪我などの注意が必要です。

PlayStation4Xbox ONEなどのコンシュマー機には対応してませんのでPCでのSIMレーサーには価格を含めて魅力的だと思います。

FANATEC Podium DD1(本体のみ)でもシップコストを含めると17万円超えはしますので、ステアリングを付けたとしてもこの価格は安い!

お手持ちのペダルセットと併せて使う事が出来ますし、これから始められる方は他のブランドのセットとのカスタマイズが選択出来ますね。

 

 

今回はこの辺で!では!

アディオス!!( -`ω-)b💕