GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。SIM機材に関する問い合わせが多く一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売。ペダルブランドSRPオフィシャルパートナー。

Logicool/Logitecペダルのフィーリングが激変するパーツアイテム/3DRAP

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです。

 

Logicool&LogitecのG25、G27、G29、G920ペダルのフィーリング改質MODというものがあったりします。ペダルタッチを含め、踏んだ時にフニャフニャしててコントロールが大雑把になったり、いろんな意味でプレイする人によっては「不快」とか「何か物足りない」と感じる要素って少なからずあると思うんです!

f:id:GenesisPlanA:20210330094439j:image

それはアクセル&クラッチペダル、そして最も重要視させるのがブレーキ。車は重量物ですので静荷重(静止している状態)より動荷重が物理的にコントロールする事はレーシングシーンにおいても難しく、仮にON/OFFをラフにする事で車というものはいとも簡単に姿勢を崩したり、狙ったポイントで止まらなかったりします。

 

では、これを自分の感覚に少しでも近付けられたならどうだろう?

 

LogicoolやLogitec(ブランド名は違うが同じブランド)は、世界的に見ても愛用している人口も多く、人気機種ではあります。それ故に巷で出回っている改質させるMODというものは探せばそれなりに出てきます。しかし、実際に使ってみるとイマイチだったりする事も少なくはありません。

 

ロードセル化するのも今どきのトレンドですが、少々御値段的にするので、例えば学生さんとかのお小遣いだとちょっとキツイですよね!

 

f:id:GenesisPlanA:20210330105121j:image

私は予々レーシングシューズを履くのが癖になっているのでノーマルペダルだと妙にグニャグニャして感じる。素足でやれば良いじゃん⤴︎⤴︎って思われるでしょうが、やはりシューズを履いていても、素足でも、ソックススタイルでも、微妙な投力加減を忠実に再現出来るものがあれば勿論良いです!

 

そこで、今回ご紹介するのは3DRAPというブランドのペダル改質MODです。以前にも何度か違うものをご紹介しておりますが、今回はLogicoolペダル編になります。

 

対象機種はG25、G27、G29、G920になります。

 

◻️ブレーキペダル改質MOD(GT/Rally&formula)

f:id:GenesisPlanA:20210330095523j:image

f:id:GenesisPlanA:20210330095549j:image

パッと見同じMODに見えますが、実は硬度が違います。ゴムの規格でいうところのC硬度の度合いが違います。この辺のMODに関しては類似品は多く、実際に使ってみるとノーマルとそんなに違いは感じられず、「んー、まぁ良いんじゃない?」って感覚だったりするのだろうけど実は踏んだ時の微妙な感触が違うので、そう感じる程度のモノだったりします。

3DRAPのブレーキMODは、以前にもスラストマスター製ペダルの改質MODを紹介しましたが、ほんと、かなり質感が良い方向で変わります!

 

実はこのMOD。GT/Rally用とformula用の二種類ありまして、それぞれ微妙に踏んだ時の質感が違ってたりします。F1など、formulaに特化したプレイヤーならformulaを選択するのも宜しいでしょうし、市販車やGTカー~formulaまで幅広くプレイするオールラウンダーならGT/Rallyでも良いと思うんです。

f:id:GenesisPlanA:20210330094439j:image

取り付け方はペダルを分解しないといけない訳ですが、Logicoolのペダルはスラストマスター製ペダルよりもペダル改造においてのリスクは少ないです。

f:id:GenesisPlanA:20210330101510j:image

f:id:GenesisPlanA:20210330101535j:image

Logicoolペダルのセンサーはオードソックスな「ポテンンションメーター」と呼ばれる、一般的にポピュラーで、リニアに角度を読み取るものを採用していますが、これを仮にロードセル化すると確かに細かく演算処理してくれるから、ブレーキ投力に対してリニアに効く!しかし、投資するコストを考えると.........ちょっと考えますよね!

 

でもね!これだけは言いたい。投資しただけの価値のあるフィーリングは手に入れられます。

 

しかし、このオードソックスなポテンションメータースタイルのペダルでも、微妙な硬さをリアルを意識した組成のエラストマー(改質的で狙った硬度)で造られた改質MODなら、ロードセル化するレベルまでには及ばないものの、必要にして十分な質感を手に入れられるのかも知れない。

 

◻️アクセル&クラッチペダル改質MOD

f:id:GenesisPlanA:20210330103322j:image
f:id:GenesisPlanA:20210330103319j:image

アクセル&クラッチペダルのプリロードを変化させるだけのモノでは御座いますが、これが簡単だけれども意外と効く!

3DRAPはデータ取りして最も最適であるだろう(ペダルの設計上の強度も考慮してあるので限界はあるが)ペダルを踏み込んだ硬さや柔軟性を考慮して、ノーマルのスプリングにこの様な下駄を噛ませる事によってプリロードを変更する手段を用いる。

f:id:GenesisPlanA:20210409110846j:image
f:id:GenesisPlanA:20210409110904j:image
f:id:GenesisPlanA:20210409110849j:image
f:id:GenesisPlanA:20210409110857j:image
f:id:GenesisPlanA:20210409110853j:image

スプリングの全体量は縮みますから、当然踏み込んだ時の硬さも変わる。

交換は至って単純で、純正のケースに入れるだけ。

f:id:GenesisPlanA:20210409110954j:image
f:id:GenesisPlanA:20210409110949j:image

MODはアクセルとクラッチ側で微妙に違いますので、取り付ける前にどれが何処にはまるパーツなのか確認しましょうね!

f:id:GenesisPlanA:20210330104009j:image

実はこの辺の類似品も他社からリリースされているけれど、やはりちょっとイマイチだったりするんでよね。

3DRAP的に「リアルに近づけた」と紹介していますが、これを入れることにより明らかにノーマルとは違う質感を手に入れる事が出来ます。

 

 

この辺の御悩みは人によっては様々ですが、今、愛用されているハンコンのペダルの性能を上手く引き出すアイテムとして、この様な優良なMODが比較的安価で手に入りますので、今何かを変えたいと思ってるLogicool&Logitecユーザーさんは試してみる価値はあると思います!

 

どの様なMODなのか?交換する手順はどうするのか?

参考までに動画のリンクを貼っておきます。

https://youtu.be/WjDF_us2rb4

 

 

今回はこの辺で!

またね!

アディオス!!( -`ω-)b💕