GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好む。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。リアルでも走っていた実績もあったりします。SIM機材に関する問い合わせが多く、一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売/整備/アドバイザーもビジネスとして。

ASSETTO CORSA COMPETIZIONE 新大型アップデートV1.3とインターコンチネンタルGTパックが実装されたゾ!(和訳含む)

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

昨晩(2月4日20時頃)、現地時間の更新と共に新大型アップデートと、前々から情報が出ていたINTERCONTINENTAL GTパック(インターコンチネンタル)がSteamで追加されました。

f:id:GenesisPlanA:20200205093734j:image

大型アップデートVer1.3.0は大まかな修正が入っています。それと同時にインターコンチネンタルGTパックが¥1900のDLCになっています。この大型アップデートは、このコンチネンタルGTパックも導入を見据えての修正パッチも含んでる様です。

 

修正内容はざっくりとした和訳ですが記載したいと思います。

 

◻️Intercontinental GT Pack DLCについて(インターコンチネンタルGT追加DLC

Assetto Corsa CompetizioneのIntercontinental GT Pack DLCは、4つの異なる大陸から4つの象徴的な国際サーキットが追加されました。

・キャラミグランプリサーキット(南アフリカ
鈴鹿サーキット(日本)
・ウェザーテックレースウェイ・ラグナセカ(米国)
・マウントパノラマサーキット(ニューサウスウェールズ州

f:id:GenesisPlanA:20200205101832j:image
f:id:GenesisPlanA:20200205101836j:image
f:id:GenesisPlanA:20200205101829j:image
f:id:GenesisPlanA:20200205101847j:image
f:id:GenesisPlanA:20200205101843j:image
f:id:GenesisPlanA:20200205101840j:image

これらの追加トラックを有したプレイヤーは、GTシリーズをピレリ(※タイヤメーカー)のIntercontinental GT Challengeに拡張され、レーザースキャンテクノロジーで細かく再現された専用レイアウトを使用したチャレンジングなドライビングエクスペリエンスが提供されます。

Assetto Corsa CompetizioneのIntercontinental GT Packには、ピレリを搭載した実際のIntercontinental GT Challenge(インターコンチネンタルGTチャレンジ)のまったく新しいゲームモードに加えて、45以上の新しい車のリバリーや30の新しいチーム、50の新しいドライバーが含まれています。

このアップデートには、すべてのAssetto Corsa Competizioneユーザーに最高のゲーム体験を提供するために、ゲーム全体を更新する新しい1.3パッチも含まれています。

詳細については、https://www.assettocorsa.netを参照。


◻️新大型アップデート 変更ログV1.3.0

〇一般:
・Intercontinental GT Challenge Pack DLCを有効にしました(追加購入が必要です)。
・4つの新しいトラック、多くの新しいエントリ、関連するシーズンおよびゲームモードの追加:


マウントパノラマサーキット(バサースト)
ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカ
鈴鹿サーキット
キャラミグランプリサーキット


・IGTC 2019のエントリーと模様を追加しました。
・IGTC 2019チャンピオンシップモードが追加されました。
・IGTCレースウィークエンドモード(8時間、9時間、10時間、12時間のレースウィークエンド)を追加しました。
・Fanatecハードウェアを使用せずにFanatec LEDオプションを有効にしたためにFanatecホイールが時々フリーズする問題を修正。
・ゲームを終了するときの共有メモリのマッピングを解除。

 

〇ゲームプレイ:
・カスタムレースウィークエンドモードでのドライバーのスティント制限の誤りを修正しました。
・最終レースセクターで実際のフラグとして表示されるチェッカーフラグを修正しました。
・ドライバーのスティントを超過した場合のドライブスルーペナルティを修正し、二重違反の場合にS&Gペナルティを追加しました。
・より信頼性の高い検出のために、ピットレーンのロジックがトリガー式から水面システムに移動しました。
・リプレイドライバー情報のメモリ占有を修正しました。
・インシデント中の追い越しのないハイライトの認識を改善。
・衝突イネーブラーがオーバーラップベースのシステムに変更されました。
衝突はメッシュによって有効になり、距離に基づくことはなくなりました

・車が互いに近すぎてスポーンし、青信号の後も衝突しない状態が続くまれな状況を修正しました。

 

〇新しいスポーンシステムとトラックスロットの並べ替え:
・グリッドおよびファストスタートスポーンは実行時に構築され、ピットレーンスロットはスプラインでソート(入力)されます。
・オフトラック車の黄色い旗のしきい値を減らしました。
・ギャラリーのリプレイにリプレイイベントタイプの依存関係を追加しました(リプレイバージョンが変更されました)。
フォーメーションラップとスタートトリガーを確認しました。
・ギャラリーのリプレイにおける破壊可能なオブジェクトの問題を修正しました。

 

〇UI / HUD:
DLCのUI統合。
・ピットウィンドウルールのMFDピットストップの有効性を修正し、トラック上で既に緑色になるようにしました。
・すべての条件が満たされた場合、ピットレーンに入る前にMFDで有効なピットストップが表示されるようになりました。


〇ナビゲーション:

MFD選択ロジックを修正して損傷を修正しました。
・MPとチャンピオンシップカーの選択ボックスは、新しいショールームを指します。
・通常/高/最大優先度のレース通信メッセージの外観が更新されました。
・強調表示されたプレーヤー固有の通信メッセージを追加しました。
・HUDオプション画面でオプションとして公開される通信パネルの位置と最小メッセージ優先度合い。
以前に使用した中心位置は、HUDオプションを使用して復元できます。
・ギアウィジェットクラッチバーにエンジンマップ設定表示を追加しました。
・ギアウィジェットの一般的なスタイルの更新。
MFDのピット戦略ページにMFDタイヤリセット条件インジケーターが追加されました。
真新しいセットは白でマークされ、使用済みのセットはその場で簡単に選択できるように黒い点でマークされています。
MFDピット戦略は、追加する燃料と合計燃料計算の両方を表示するようになりました。
・HUDとリアルタイムウィジェットは、レーススタートから最初のスプリットまでの公式ポジションを使用して、スタート時の信頼性の高いポジションを表示し、チラつくのを少なくしました。
・「ランダム化」ボタンは、カスタム気象グループの一部になりました。
・車がピットにあるときのカメラサイクルの不一致になるのを修正しました(サイクルアップとダウンの違い)。
・天気予報ウィジェットの感度が向上しました。
・HUDオプションを使用して無効にする設定を含むグリーンライトウィジェットを追加しました。
MFDでのリアルタイムのページ更新により、ラップされた車とプレーヤーに関係のない大きなギャップを考慮されます。
・リアルタイムポジションウィジェットのプレーヤー行の特別な強調表示により、追跡が容易になります。

 

〇グラフィックス:
・F7フリーカメラでニアプレーンを修正しました(現在、焦点を合わせた車からのカメラ距離に依存します)。
・ビー玉(雨粒・水滴)の代替レンダリング方法。
注:マテリアルの品質がMIDに設定されている場合にのみ機能します(FXAAを使用する場合に役立ちます)。
・Porsche 991II GT3 CupおよびLamborghiniHuracánSuper Trofeo車用の追加のカスタムテンプレート。
・敵の最大可視性設定が使用されている場合の車の可視性システムの改善。
ピットレーンの車は、前方を走行する車の焦点を奪わないように、トラック上では無視されるようになりました。 前の車は、プレーヤーの後ろの車よりもレンダリングの優先度が高くなります。
・不要なポップイン効果を修正するために、チェイスカムおよびdashproビューで相手の車の背後のプレイヤー車のライトコーンの最適化を無効にしました。
・すべてのトラックでの3D芝生の更新。
・個々のトラックのユニークなディスプレイ輝度曲線。
・一時停止メニュー中に国旗が多忙になる問題を修正しました。
・すべてのシーズンでカスタムカーとカスタムゲームモードのシーズン非依存のナンバープレート/バナーレイアウトを更新しました。
・車の可視性制限が使用されている場合の車のデカールの問題を修正。

 

〇物理:
・IGTCサーキットのすべての車のBOP割り当て。
・すべての車に新しいIGTCサーキット用の安全で攻撃的なプリセットが追加されました。
Audi R8 LMS EVOの新しいスパアグレッシブプリセット。
・Bentley 2018の新しいスパアグレッシブセットアップ。
・Honda NSX GT3(旧)新しいSilverstone(シルバーストーン)アグレッシブ・プリセット。
・Honda NSX GT3 EVO revリミッターの調整。
・レクサスRC F GT3すべてのプリセットは、ブレーキバランスを変更しました。
・多くのAIカーでのCPUパフォーマンスのスリップストリーム最適化。
・多くのAIカーでのCPUパフォーマンスのシャーシフレックスを最適化。
スリップストリームシミュレーションの微調整。 先行車の速度が遅くなり、追従車の速度が速くなります。
・タイヤモデルの微調整。 圧力感度とフレックスおよびスリップ角/比への影響。
・濡れたタイヤの摩耗とグリップの調整。
・スリックタイヤは、濡れた路面でより少ない水を排出します。
・スプリントサーキットでのポルシェ991II GT3-Rのパフォーマンス調整。
・AI CPU占有率の最適化。
・保存したゲームをロードした後のブレーキの摩耗(減り)を修正しました。
・保存されたゲームをロードした後、ピットする際にサスペンションが壊れるというバグを修正しました。
・ユーザー名に特殊文字が含まれている場合にMoTeCが保存されない問題を修正。
・MoTeCは、サスペンショントラベル、ホイールスピード、ダンパー、および相対数学チャンネル用に200hzの周波数でエクスポートするようになりました。
・サスペンションの移動がバンプストップに触れると、MoTeCの新しいチャンネルがオン/オフでエクスポートされます。
・低回転でのエンジン応答の改善と、より簡単な始動のための手動クラッチ解放シナリオ。
また、「スピン後、芝生の上からやり直す」シナリオの操縦性も向上します。
・感度の低い起動制御のアクティブ化。
今では、ほぼ100%の加速器が必要です。 常にエンゲージすることなく、クラッチを使用したスローローンチを改善します。

 

〇オーディオ:
・レース開始時の「グリーンフラグ」メッセージのタイミングを改善しました。
・新しいクルーチーフ/スポッターメッセージ。

 

マルチプレイヤー
・ベースコンテンツのすべてのトラックに、プライベートMP用のスロットが50個あります。
・フルラップ形成が使用される場合、サーバー形成トリガーは500m早く設定されます。
・FPおよびQセッションでは、車は常に45度に配置されます。
・プレイヤーの車両は、グリッドまたはフォーメーションラップからテレポートすると、緑の旗+ 20秒までロックされます。
・IGTCトラックをサーバー構成に追加:kyalami_2019、mount_panorama_2019、suzuka_2019、laguna_seca_2019。
注:DLC以外の所有者は、DLCトラックを使用してサーバーをセットアップすることもできます。
フォーメーションラップタイプは、settings.jsonで設定可能になりました:新しいシステム(デフォルト)、古いシステム(リミッター付き)、無料(プライベートサーバー用)
・位置追跡ウィジェットを含むマルチプレイヤー用の新しいフォーメーションラップタイプ-公式およびCPサーバーで使用され、プライベートMPサーバーではオプションです。


ガイドライン
・「シングルファイル」フェーズでは、プレーヤーはターゲットウィジェットに従う必要があります。タイヤとブレーキを暖めるために十分にリラックスする必要があります。
・かなりのマージンでターゲットから外れると、ピットにテレポートします。
・「ダブルファイル」フェーズでは、プレーヤーはできるだけ早く目標位置を見つけ、そこに速度と側面を保持する必要があります。
・「プレグリーン」フェーズ(速度の差分が表示される場合)では、プレイヤーは速度を差分にロックする必要があります。
グリーン化前の段階で横方向および縦方向の位置から速度を上げたり移動したりすると、重大度に基づいてペナルティが与えられます。
このシステムは無実の保護に基づいて動作し、プレーヤーは他の車が周囲で何をしているかを無視できます。注意すべき重要なことは、自分の位置と速度です。
衝突はフォーメーションラップ中は無効になり、オーバーラップが終了すると回復します。
・MPの新しい動的高速フォーメーションが発生します。
・サーバーとクライアントのペナルティーが正しく累積するようになりました。
・レース後のサーバーのペナルティーは、レース中のペナルティーに加えて適用されます。
・レース以外のセッションでのピットレーンの高速化は、プレイヤーを失格にすることはなく、クライアントをピットにテレポートさせるだけです。
・レースコントロールペナルティのラップカウントダウンの欠落を修正しました。
・一時的に無効になっているサーバー設定:「isRaceLocked」(デフォルトでアクティブ)およびイベントルール「driverStintTimeSec」および「maxTotalDrivingTime」。
・サーバー管理ハンドブックを暫定バージョン6aに更新しました。

 

〇格付け:
DLC所有者向けの新しいトラックメダルが追加されました。
・TRの評価は、DLCの所有権に応じてスケーリングされます。
・SAトラスト生成の調整。
・CPサーバーは、並列スケジュールでDLCトラックを実行します。
・CPサーバーは、登録の大多数がDLCを所有している未知のトラック日にDLCトラックを適応的に選択します。

 

以上、ざっくりですが和訳です。

 

 

◻️テスト走行してみての感想

インターコンチネンタルGTの車両だけ?なのかどうかは今後のテスト走行をしないと分かりませんが、タイヤのグリップやサスペンションの動きやバランスなど従来の個体と違うように感じました。それは厳密に比較してみないと分かりませんが。

f:id:GenesisPlanA:20200205122230p:image

最新のレーザースキャン技術から、コースの実体化は素晴らしくリアルに作り込まれているといった印象で、特にマウントパノラマはとてもチャレンジングなコースだと改めて実感しました。

テスト走行に使用したHONDA NSXですが、従来機ではザントフォールトサーキットでもとても乗りやすい個体でしたが、今回のテスト走行では非常にバンピーであり、足回りは硬すぎる感じもしましたが、少し高めの縁石を踏んだ際に極端にグリップを失い、スピンするといった極端な挙動が出ました。

急にエンジンが切れたりするといったバグ的な症状が見られましたが、それが起因しているのか分かりませんが、妙にタイヤのグリップが低く滑りやすかったです。

アストンマーチンやGTRでは足回りのしなやかさもあってか、タイヤのグリップも適切な感じで非常に乗りやすかったです。

グラフィックに関しては申し分なく、相変わらず綺麗ですがGPUの負荷が増えてしまった様にも感じました。今後はこれらも改善していくと思います。

f:id:GenesisPlanA:20200205122244p:image

尚、バグ的な因子が多い症状や、何かと変な現象が出てしまう場合は、うまくパッチが当たっていない可能性があります。過去経緯振り返りますと、この様な症状の時は、一度ASSETT CORSA COMPETIZIONEごとアンインストールした後に、再インストールし、その後に追加DLCなど入れると直るケースがあったりします。心当たりのある方は一度試されてみては如何でしょうか。

 

まだまだプチバグなどあるとは思いますが、今後も検証していきたいと思っております。また何かありましたらブログにてお知らせ致します。

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕