GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好む。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。リアルでも走っていた実績もあったりします。SIM機材に関する問い合わせが多く、一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売/整備/アドバイザーもビジネスとして。

Assetto Corsa Competizione v1.1 update OUT NOW!(和訳)

どぅも!ジェネです!

(๑•̀ㅁ•́ฅ✨

 

昨日10月23日18時56分にAssetto Corsa Competizione v1.1という大型アップデートがありました。これは従来の個体の動的なジオメトリーや細やかな修正パッチ、そして、新コースZandvootと6台の新型車種の実装がメインとなります。アジアブランパンのリバリー実装など、後に控えるアジアブランパンシリーズ追加の準備も密かにされている事も感じられました。

\_( ゚ロ゚)ここ重要!

 

今回はインプレではなく、それは後に掲載する予定ですが、先ずは公開情報を日本語訳したものを掲載したいと思っております。

※時間の無い中、端折ってざっくりと翻訳したのでニュアンス等、間違っている箇所もあるかと思われますが、そこはご了承ください。

 

〈以下 内容〉

 

Assetto Corsa Competizione version update 1.1 

f:id:GenesisPlanA:20191024090551p:image

Assetto Corsa Competizioneバージョンアップデート1.1は現在Steamで公開されており、2019年のブランパンGTシリーズシーズンの車両、チーム、ザントフォールトサーキットを現在および将来のすべてのACCプレーヤーに無料で提供します。
アップデートには、Audi R8 LMS EVO、LamborghiniHuracánGT3 EVO、AMR V8 Vantage GT3、Honda NSX GT3 EVO、Porsche 991 II GT3 R、McLaren 720S GT3(ボーナスコンテンツとして)などの6つの新しい車両モデルが含まれます。
Zandvoort CircuitはACCで、Assetto Corsaが元々提供していたボーナスコンテンツの2019年のリスタイルバージョンとして、Spa Francorchamps、Barcelona、Silverstoneのターマックの更新バージョンとともにフィーチャーされています。 2019年では、ゲームはレーストラックやシーズンに応じてバージョンを選択します。

 

新機能:
この1.1アップデートには、新しいコンテンツだけでなく、主要な機能も含まれています。 KUNOS Simulazioniは、Unreal Engine 4のカスタム修正を開発しました。ACCの前身のように、3つの画面で独立した設定を可能にする専用のトリプルモニターセットアップサポート(3画面プレイヤーに適した)を可能にします。 さらに、ピットストップアニメーションが実装され、燃料補給やタイヤ交換など、ピットクルーのフルシーンでの車の操作が表示されます。 車両選択ページで新しいショールームが利用可能になり、車のズームと回転が可能になります。 最後に、大量のUIのアップグレードとパフォーマンスの最適化が、物理学の更新の長いリストとともに行われています。

フォーラムおよびSteamで利用可能な完全な変更ログです。

 

マクラーレン・シャドウ:
KUNOS Simulazioniはマクラーレンレーシングとのさらなるコラボレーションを発表できることを誇りに思います。これはマクラーレンシャドウのeスポーツプロジェクトをAssetto Corsa Competizioneの世界中のプレイヤーにもたらします。 マクラーレンシャドウは究極のeスポーツトーナメントであり、才能のある幸運なsimレーサーがワーキング、マクラーレン・テクノロジーセンターの最終ラウンドにアクセスできるようにします。これにより、このトップリーダーメーカーにプロとして関与するF1シミュレータードライバーとしてトッププレーヤーが昇格します。 新しいアップデートは、マクラーレンシャドウオンライン予選の1つをホストするためにACCを準備します。これは10月27日にオープンし、11月7日に終了します。 このイベントは、マクラーレンレーシングと提携して、KUNOS Simulazioniからのゲームコンテンツ内での永久プレゼントとしてMcLaren 720S GT3を追加し、マクラーレン・テクノロジーで開催されるイベントリーダーボードのトップになり、決勝に選出される可能性を与えます。

f:id:GenesisPlanA:20191024090628p:image

センター、イギリス、ウォーキング。
マクラーレンシャドウの詳細はこちら:https://www.mclaren.com/racing/2019/mclaren-shadow-project/

 

変更ログv1.1.0

一般:
-Audi R8 LMS Evoを追加しました。
-LamborghiniHuracánGT3 Evoを追加しました。
-Honda NSX GT3 Evoを追加しました。
-Aston Martin AMR V8 Vantage GT3を追加しました。
-ポルシェ911 GT3 R(991.2)を追加しました。
-McLarenシャドウプロジェクトの一部としてMcLaren 720S GT3ボーナスコンテンツを追加しました。
注:この車は、2019年のシーズンテストに基づいてBoPセットが設定されており、既存のコンテンツで利用できます。

f:id:GenesisPlanA:20191024090809j:image
f:id:GenesisPlanA:20191024090813j:image

f:id:GenesisPlanA:20191024090803j:image
f:id:GenesisPlanA:20191024090806j:image

f:id:GenesisPlanA:20191024090934j:image
f:id:GenesisPlanA:20191024090937j:image
f:id:GenesisPlanA:20191024091023j:image
-Zandvoort Circuitを追加しました。
-2019 Blancpain GT Championshipエントリーを追加しました。
-トリプルスクリーンレンダリングの最初の実装。
注:サラウンドモードのオンとオフのアプリケーションをサポートします。 トリプルレンダリングプロパティは、ゲーム内のビュー設定で調整できます。

※3画面モニター向けの追加修正
-時間の経過とともにFMod CPUの占有率が減少しました(主に外部カメラとチェイスカムを使用)。
-曇り、雨、夜の条件でのパフォーマンスの最適化。
-バルセロナ2019の表面グリップ(少し遅い)。
-Silverstone 2019の表面グリップ調整(約2秒遅くなります)。
-Paul Ricard 2019表面グリップ(約1秒高速)。
-スパ2019表面グリップ(小さな違い)。
-共有メモリにブレーキ圧力が追加されました。
-共有メモリの車のモデル名を修正
-共有メモリにFuel Estimated Lapsが追加されました。
-共有メモリにトラックステータスが追加されました。
注:共有メモリ/ APIドキュメントは更新されています。サポートフォーラムの関連トピックを参照してください。

 

ゲームプレイ:
-2019チャンピオンシップシーズンを追加。
-大きなピットレーン(特にスパ)のあるトラックでより多くのAI対戦相手とプレイする可能性を追加しました。
注:グリッドサイズは、各トラックで使用可能なピットスロットと選択したカップタイプに依存します。
例:スプリントカップフィールドのサイズは、実際の対応するフィールドに制限されています。
-週末の最初のセッションだけが正しいトラックウェットネスを持っていたバグを修正しました。
-選手権の週末には、2つの練習セッションが含まれます。
-3Hレースドライバーのスティント戦略のバグを修正しました。
-不規則なドライバー乗組員がいる必須ピットの戦略バグを修正しました。
-耐久レースの自動ドライバーサイクルを修正しました。
-再生タイヤの半径/ホイール速度のさまざまな修正(特定の状況では煙の粒子とディスクの輝きが見えませんでした)。
-タイヤリセットが変更されない場合の有効な必須ピットストップを修正しました。
-車が停止している場合、MPレース後の自動保存リプレイを強制しました。
-車のセットアップページでのピット戦略セレクターの更新の問題を修正しました。
-2019年の結果に基づいて更新されたドライバースキルと、新しいドライバーのスキルを追加
-新しいリプレイHUDショートカットが新しいFFWDとスローモーションシステムを上書きする問題を修正しました。
-終了時のSPリプレイの自動保存の潜在的な修正。
-リンボページ中の自動保存リプレイを修正しました。
-自動保存リプレイは、保存する前にメッセージを表示します。
-カスタムレースリンボページクラッシュの潜在的な修正。
-フリープラクティスおよび予選セッションでピットストップが有効になりました。

 

UI / HUD:
-異なるゲームモードを選択するときに、UIカーの選択がジャンプしなくなりました。
注:ゲームモードを変更するときに使用できないエントリがある場合、以前の選択にできるだけ近く、新しい選択が行われます。
-デフォルトのシングルプレーヤーの選択と設定が改訂されました。
-まったく新しいトラック選択画面。
-一般設定にピットアニメーショントグルを追加しました。
-車の選択画面のインタラクティブショールーム:ズーム、パン、回転、最後の位置の記憶。
-ショールームカメラのゲームパッド/キーボード制御の初期実装:
ゲームパッドのデフォルトコントロール:右のサムスティックビューコントロール、ズームのトリガー
キーボードのデフォルトのコントロール:カンマ/ピリオド/ a / z、左/右/上/下
非表示UI:スクロールボタン。
-29を超える対戦相手を選択する際の警告ポップアップ表示。
注:多数のAI車で遊ぶには、かなりの計算能力が必要であり、低および中規模の構成では推奨/サポートされていません。
-車の選択画面でデフォルトのショールームの角度がスポッターガイドビューに変更されました。
-ショールームの明るさに合わせて、車のプレビュー画像のPPガンマが増加しました。
-特別イベントのシーズンと車の選択がシングルプレイヤーページの選択履歴を上書きする問題を修正しました。
-GPUの負荷を制限するために、メニュー画面にFPSキャップを追加しました。
-UI FPSキャップを有効/無効にするオプションをビデオ設定に追加しました。
-手動および自動リプレイ保存のメッセージ。
-ピットアニメーションが追加の没入に対して有効になっている場合、点滅するピットマーカーを無効にするオプションが追加されました。
-コントロール設定で公開されているFFB周波数オプション。
-ビデオオプションにトリプルスクリーンモードが追加されました。
-ビュー設定にトリプル画面パラメーターが追加されました。
-タイムスプリットメッセージの増減を追加。
-スタンディングとリアルタイムウィジェット(HUD、ブロードキャスト、ピットページ)に、各車に「左側の必須ピットストップ」インジケーターがあります。
-現在および以前のセッションでは、SPとMPの両方でタイムテーブルラップにアクセスできます。
-距離、高さ、ピッチのパラメータは、表示設定で0.5間隔で設定できるようになりました。
-HUDオプションで調整可能なHUD境界の表示。


※一般的な注意:ユーザーインターフェイスの大幅な再構築のため、最新の更新プログラムをインストールした後、「docs / ACC / Config / menuSettings.jsonファイル」を削除することをお勧めします。

\_(・ω・`)ココ大事

 

グラフィックス:
-まったく新しいピットストップアニメーション。
-TV / F7 / Heliカメラの高度なシャープフィルターを無効にしました。
-アンチエイリアスタイプがFXAAに設定されている場合、シャープネスを0に設定し、フィルターをシャープにします。
-ワイパーアニメーションシステムの改訂-特に、振動または重力の動きがアクティブなときにプレーヤーがワイパーを停止したときの突然のジャンプを修正しました。
-ビデオオプションに車のLOD設定を追加しました。
注:高い値-遅延LODスイッチ、低い値-より積極的なLODスイッチ。 70%は古いデフォルトに等しい。
-夜のネームプレートのブルームを修正。
-ブレーキ圧力/温度が車のディスプレイに追加されました。

 

物理:
-まったく新しい空力スリップストリームシミュレーション。 先行車によって作成された気流は、抗力とダウンフォースにおいて先行車と後続車の両方に影響を与える気流に影響を与えます。 先行車はわずかに低い抗力とダウンフォースを経験し、次の車はより低い抗力と低い抗力をもたらすより少ない動的圧力を経験します。 結果は、ディフューザーとリアウィングの角度の適合性の影響を受けます。
-サーキットは、シーズンごとに異なる表面グリップとタイヤ劣化をしていきます(2018-2019)
-OOW(out of world)シナリオの改善と、衝撃およびタイヤの収縮時のAIコリジョンボックスのアクティブ化。
注:AI車の数が多いと潜在的なパフォーマンスが向上します。
-ベントレー2019公認。
-フェラーリ2019の改善。

フロントとリアのホイールレートが増えました。
注:同じ結果を得るには、古いセットアップのフロントホイールレートで4〜5回のクリックを追加する必要があります。
-BoPおよび日産GTR 2018、BMW M6のバランスの改善。
-アウディR8モンツァとポールリカールのウェットプリセットでウェットタイヤが欠落していた問題を修正しました。
-タイヤのグレインとブリスターの微調整。
-タイヤの微調整に対するブレーキ温度の影響。
-FFB強制計算の改善。
-サンドトラップFFB拡張。
-カーブFFBの強化。
-セットアップ戦略ページの修正。
-非常に硬いダンパーとバンプストップギャップから発生するセットアップ自動機能の問題を修正。
-地面への衝突の改善。
-自動ギアボックスがピットリミッターで最初にシフトしない問題を修正。
-Mercedes-AMGが一時的に壊れたサスペンションでセッションを開始する問題を修正。

 

オーディオ:
-予選セッションでの自己ベストと比較したパフォーマンスセクターの音声メッセージを追加しました。
-タイムゲイン/タイムロスに関する音声メッセージを有効にしました。
-トラックオブジェクトの位置ヒット音。
-破壊可能なオブジェクトのヒット音。
-小さなオブジェクトのヒット音。
-トラックオブジェクトのヒットサウンドですべてのトラックを更新しました。
-オーディオオプションに開始アナウンスを追加しました。
-バックファイアの音声を修正。
-別のカースポッターフィルターを追加しました(連続2ワイドの場合により静かになるはずです)。

マルチプレイヤー/レーティング:
-TRレーティングを調整して、33トラックメダルにスケーリングしました。
-非公開MPサーバーのピットストップルールを追加:必須のピットストップカウント、ピットウィンドウ、最大スティント時間、スワップ状況の最小運転時間。
-MPサーバーでのレースクラフトレートの問題を修正しました。
-シングルプレイヤーで評価や統計追跡をオフにする(一般的な)オプションを追加しました。
-トラックに残されたリモートカーの衝突オブジェクトを修正し、MPでクラッシュを引き起こします。
-リプレイとボトミング効果の車の火花の僅かな修正。
-MPの車の選択を更新し、すべての季節のすべてのエントリを許可するようになりました(「すべて無料」モード)。
-バックエンド、評価、統計に2019年の車とトラックを追加しました。
-サーバー定義に2019トラックを追加しました。 「nurburgring」をトラックとして使用すると、2018年のBoPおよびトラック設定で実行され、「nurburgring_2019」は2019 BoPおよびトラックデータコンテキストを使用します。
-セッション開始前の最後の30秒までドライブボタンが無効になり、カウントダウンプログレスバーが表示されます。
-ドライバー統計は、「結合」、「シングルプレイヤー」、「マルチプレイヤー」モードで表示できるようになりました。
-ドライバーのスワップ状況の安定性が向上しました。

 

 

以上が追加及び修正パッチ内容となります。端折ってパラパラと訳したので表現が多少おかしな所もあるかとは思いますが、そこはご了承ください。

 

今回のアップデートで、相当に手を入れてきてますので大きな改善が見られました。

具体的なインプレッションに関しては後に掲載する予定ですので、参考情報として見て頂けると幸いです。

(・∀・)ゞ