GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好みます。フライトSIMも少々(笑)。FANATECユーザーとしては長く、他機種も扱った実績は多く複数台を所有しています。リアルでも走っていた実績もあったりします。SIM機材に関する問い合わせが多く、一問一答する傍ら知識を公開する為にブログを開設しました。検証した事を含めレビューをYouTubeなどの動画を記録として残しております。巷ではジェネさんと呼ばれています。掲載内容は経験やリサーチしたものを含めて知的財産をオープンにしており愛読者様への無償奉仕です。SIM機材輸入販売/整備/

コスパの良いDDホイールを侮るなかれ!SimXperience AccuForce Pro V2とは

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネシスです。

 

ダイレクトドライブ(※以下DD)はベルトを介さない機構のホイールベースです。以前に比較的安価に手に入れやすいSimagic M10を御紹介しましたが、今回はAccuForce Pro V2を御紹介したいと思います。

f:id:GenesisPlanA:20200526111404j:image

実はだいぶ前からこの記事を書き始めてますが、何せ日本では知名度が低いので、どこから説明しようかな?と思っていました(笑)

 

◻️AccuForce Pro V2

日本ではあまり名の知れていないブランドですが、実は海外での知名度はそこそこ高いです。Simagicと同じ位かなというところでしょうか。実は以前にも何処ぞの記事で触れましたが、FANATECブランドは新品が欲しくても販売窓口が設置してある限られた国でしか購入出来ません。ですので、AccuForceや他のブランドは個人輸入はある種、可能なので、SimagicやAccuForceなどの比較的安価なDDのラインナップを揃える同ブランドは海外でウケています。

f:id:GenesisPlanA:20200528121815j:image

業界では一般的な2つの異なる回路基板間の通信ではなく、統合モーターコントローラー/ PCインターフェイスを設計しました。これにより、AccuForceは、競合するダイレクトドライブシステムよりも低いレイテンシ、優れた応答、およびより正確な詳細再現を提供できます。レーシングシミュレーション用に特別に設計されたモーターと組み合わせると、AccuForceシステムは、トルク、応答、そして最も重要なことに、忠実度と直線性に可能な限り最高のバランスを提供します。

f:id:GenesisPlanA:20200528105850j:image

◻️コントローラとベースユニットの機能
比類のないステアリングフィードバック品質とリアリズム、ダイレクトドライブフォースフィードバックシステム(ホイールはモーターシャフトに直接接続します。ベルトが滑ったり、摩耗したり、重要なインプット情報を吸収したりすることはありません)
強力な低慣性モーターは、ユーザーが選択したモードに応じて、最大13Nmの持続トルク、MAX18Nmをサポートしています。
ユーザーが選択可能なモードは、リニアパフォーマンス、ピークパフォーマンス、ソフトパフォーマンス、チャイルドモードなどを簡単に選択できる様になっています。

非常に高い効率を誇り、100%の失速で最大13Nmの持続トルク、30分間、周囲温度より2°Fの温度上昇、熱の減衰による0%のトルク損失という安定ぶり。
トルクとトルク分解能の優れたバランスにより、非常に洗練されたリアルな感触を実現します。
SimXperienceデュアルストリームテクノロジーによる最大2000Hzの通信速度を得る。(ゲームからの1000Hz / Sim Commanderソフトウェアからの1000Hz)
モーターは毎秒50,000回更新し、リアルタイムエンコーダー処理される。
コントローラーとモータードライブシステムを単一の回路基板に統合し、カスタムモーター設計を採用することにより、レイテンシ/ラグを最小限に抑えています。
最大4500度の回転。デフォルトでは900度に設定されています。ユーザーはこの設定をリアルタイムで変更することを選択できます。コイル状ケーブルの制限は1080度ですので、限度としては既存ハンコンと同様の1080度と見るべきでしょう。
16,000 PPR(1回転あたりのパルス)位置フィードバック、そして16ビット制御ループ解像度。
ゲームが2ミリ秒未満の移動時間に対する指示を送ります。(命令に1ミリ秒+ゲームが命令を読み戻すための1ミリ秒は往復2ミリ秒です)

f:id:GenesisPlanA:20200528110432j:image
商用環境での長期(長年使用)での使用感でも信頼性の高める設計をされています。(重要な部品は300ポンドの負荷に対してストレステスト済みです)
無料で提供しているSim Commander SimVibeとステアリングシステムのチューニング・分析ソフトウェアスイートがセットで含まれています。
FFBモードには3種類用意されてお、オプション:従来のゲームFFB、SimXperience /ユーザー最適化ゲームFFB、完全にユーザー定義(任意でセッティング)可能なFFBがあります。
タッチスクリーンまたは付属のソフトウェアを介したゲームのヘッドアップディスプレイによる堅牢なチューニング機能があります。
運転スタイル、運転ライン、特定の車とトラックの組み合わせに対するフィードバックを簡単に自動最適化してくれます。
ファームウェアの更新は自動的に配信され、ボタンを1回クリックするだけで数秒でインストールされます。ウェブサイトで探す必要はありません。非常にeasyです。
追加のディスプレイ、ボタン、ペダル、またはロータリーエンコーダー用の拡張ポートもあります。

ホイールとホイールボタンボックスの機能としては、アルカンターラでラップされた320mmステアリングホイール。スエードのような感触ですが、耐久性と防汚性が向上しています。
合計13個のボタン(12個のプッシュボタンおよびAccuForceホイールホーンボタン)が備わります。


ホイールベースに関しては、頑丈で耐久性のある構造で、機械加工されたアルミニウム製の自動車などに使われるクイックリリースシステムにより、さまざまなハンドルスタイルに簡単に交換できます。

f:id:GenesisPlanA:20200528111907j:image

さまざまな世界のレーシングカテゴリーのステアリングホイールを簡単にボルトで固定したり、追加のホイールボタンボックスを入手してすばやく接続したりできます。

f:id:GenesisPlanA:20200528111959j:image
機械加工アルミニウムパドルシフターは耐久性があるだけでなく、低レイテンシのシフトとポジティブなエンゲージメント感を提供します。

f:id:GenesisPlanA:20200528112147j:image
カーボンファイバーパドル(さまざまな好みに合わせて交換可能)
また、パドル幅調整、シフトエンゲージメントポイントの調整、シフターのスロー調整により、ほとんどの競合製品にはないパーソナライズされた快適さを実現。
サードパーティのSLIプレート、または電話ホルダー用の取り付けポイントが含まれています。
ベースユニットへのコイル状ケーブル接続(実際のレースカーと同様です)

f:id:GenesisPlanA:20200528121845j:image

 

◻️同梱物
・SimXperience AccuForce Pro V2ベースユニット、6フィート(2m)ケーブル付き。
・SimXperience AccuForce Pro V2フォースフィードバックコントローラー
・SimXperience AccuForce Pro V2ホイールボタンボックス、パドルシフター付き
・SimXperience AccuForceAlcantara® ラップ付き320mmステアリングホイール
・3フィート(1m)USBケーブル、フェライトフィルター付き
・USプラグ付き3フィート(1m)IEC電源コード(PCで使用されるものと同じ)
・取り付けネジ
・Sim Commanderソフトウェア(SimVibeおよびフォースフィードバックチューニング機能)
・AccuForce Pro V2「コンプリート」は、完全に組み立てられ、すぐに実行、使えるキットです。

f:id:GenesisPlanA:20200528121208j:image
f:id:GenesisPlanA:20200528121210j:image

さて、気になるお値段は··········$999です!

(※シップ運搬コスト含まず)

この仕様でコスパは良い!

 

このスペックでこの価格は魅力的な1台です。

気になる方は是非検討材料に加えてみては如何でしょうか。

 

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕