GenesisPlanA’s diary(ジェネシス・ダイアリー

主にレーシングSIMを好んでプレイしています。FANATECユーザーになってからは長く、他機種も含め扱った実績は多いです。race経験者だったということも相まってか何かといろいろな問い合わせが多いのでブログを開設しました。試した事や色んなレビューをYouTubeなどの動画配信と併せて記録として残していきたいと思っております。GenesisPlanA(巷ではジェネさんと呼ばれています)。海外勤務=在住もあり、語学力はそこそこ。海外の情報も耳をダンボにして収集してたりします(笑)呟き風にお届けします。

FANATEC Club Sport Pedals V3を油圧ダンパー化!ガラリと質感が変わるV3 ダンパーキットのススメ

(○・∀・)ノ マイド!!ジェネです。

 

今回は、私も愛用しているClub Sport Pedals V3に装着・実装している、V3ペダル用の油圧化ダンパーキットを紹介してみたいと思います。Club Sport Pedals V3ユーザーさんにとっては、此方は御存知無いか、若しくは気になる人も居るのではないかと思います。

 

◻️Club Sport Pedals V3 damper Kitとは

~クラブ・スポーツ・ペダルスV3ダンパーキット~

写真では一見、これ何じゃ?と思われるかも知れませんが、Club Sport Pedals V3のペダルの質感をガラリと変える事が出来るシロモノです。ボディにはネジ切り溝が備わってますので、取り付ける際に締める・緩める事でペダル全体の角度=舵角(踏み込み量)も微調整する事が可能です。

f:id:GenesisPlanA:20191202095900p:image

f:id:GenesisPlanA:20191202105443j:image

私の時は海外窓口で他のものとセットでSIMショップで購入してますが、こちらの購入はFANATECの日本での販売窓口であるエンダー・ジャパンでも一応、購入は可能です。ペタルのページでオプション扱いになっていますので、よく探すと見つかります。

 

通常、V3にはキチンとした形での油圧ダンパーは備わっていません。ブレーキ以外はアクセルとクラッチ用のバネに赤と黒の2種類付属してますので、其方で任意に好みで変える事が出来ます。それぞれ固さは異なります。

ブレーキユニットのシリンダー内部にはMODと呼ばれている硬質な材質のダンパー材が仕込まれておりますが、これの周りにOILをタップリと塗った状態で層内に入ってますので、スルスル=ヌルりとした滑らかな作動感覚を味わう事が出来ます。硬さを好みで変えられるMODもリリースされていますが、そこは硬さを調整する部分ですが、通常のMODでも硬さはあるので長時間のプレイでは疲れます。

私は寧ろ、此方のMODよりガラリと質感が変わるダンパーをオススメします。

f:id:GenesisPlanA:20191202101029j:image

f:id:GenesisPlanA:20191202113852j:image

ブレーキだけでも油圧化した質感を求めたいという方には、この様なV3用のダンパーキットが別売でラインナップとしてあります。

これは、アクセル、ブレーキにも装着可能です。Club Sport Pedals V3そのものの質感でも十分に満足出来ますが、より滑らかで、より実車感(レーシング車輌並)を求めたいならコレがオススメです。

踏み込んだ時の踏力を加えた足の裏に伝わる感触や、ペダルの戻りに対する減衰も兼ねてますので、質感はかなり変わると思います。

f:id:GenesisPlanA:20191202100725j:image

invertedの方はブレーキのみにこのユニットが標準化されてますので、このダンパーキットを取り付けるならばオードソックスなV3はブレーキのみでも良いと思います。これでinvertedと同じ様な環境になります。

※因みに私は各ペダルに装備してます。

※標準のMODでも十分なのでプロMODは結局使っていません。

 

◻️取り付け~調整

取り付けは、ペダルの裏側に装着する形に予めPedalユニットは設計されていますので固定用のネジ穴が存在しています。各ペダルに備えるならば、今よりもずっとハイエンドなペダルユニットに変貌します。

f:id:GenesisPlanA:20191202115700j:image

購入キットには、ダンパー1本、FFB回転ユニット位置変更用のステー、ネジ類、六角レンチがセットになっています。FFBユニットは通常は下向きですが、回転部分がダンパーに干渉してしまうので上向きに変えるステーを取り付ける事を考慮されて付属してます。因みに価格は少し安くなった?今は日本円にして9900円(1本/シップ運搬コスト・税抜き)です。

取り付けは少し難儀しますが、早くプレイしたい衝動にかられず、慌てずに取り付けましょう。

特にペダルアーム部の取り付けは遊びが無いのでハマり難いですが頑張りましょう(笑)

f:id:GenesisPlanA:20191202120052j:image

ダンパーの硬さは背面に備わるダイヤルを回すことで好みで変えられます。一度に大きく動かすと、硬さもタイトな感じでガラリと変わってしまいますので、少しずつチョビチョビ動かして調整する事が望ましいです。

f:id:GenesisPlanA:20191202105208j:image

目盛りが刻まれていますので其れを目安にしてみましょう。回した感じは軽いので回し過ぎには要注意です。後は実際にペダルを踏み込みながらお好みの硬さに。

※やり過ぎるとペダルの戻りがめちゃくちゃ遅くなりますので適度な調整を。

 

これで吊り下げ式のinvertedペダルよりも、フォーミュラも兼用出来るClub Sport Pedals V3ハイエンドペダルセットの出来上がり!

ヾ(●´∇`●)ノ

 

◻️invertedも良いけどカスタマイズしたV3はフォーミュラSIMにも最適なのだ

以前にも記事に書きましたが、吊り下げ式のinvertedは箱車向きな感じですので、今のこのV3ペダルのセットの方が個人的にはしっくり来る!フォーミュラなどのレーシングSIMも好んでプレイしていますので、此方でも必要にして十分過ぎる位の仕上がりになります。

f:id:GenesisPlanA:20191202172857j:image
f:id:GenesisPlanA:20191202172854j:image

勿論、ブレーキのみ、又はブレーキとアクセルに使って頂いても良いと思います。アクセルペダルにダンパーを付与すると、調整次第では減衰効果も相まって戻りが鈍る可能性もあります。軽い踏力でコキコキとスムーズに動くくらいの適度な調整が良いですね!(ちょっと難しいですゾ!)

f:id:GenesisPlanA:20191202154932j:image

f:id:GenesisPlanA:20191202110138j:image
f:id:GenesisPlanA:20191202110135j:image

あくまでも自己満であり、より実車に近付けるなら、1本1万円とちょっとと値段はしますが·····これを採用する事により、標準セットのClub SporPedals V3より一味違った踏力の質感、より上質なものが得られます。

また違った質感のペダルワークを堪能してみて下さい。

 

 

それでは!また!

アディオス!!( -`ω-)b💕