GenesisPlanA’s diary(ジェネプラA・ダイアリー

主にシミュレーター関連に携わっています。世界的な範囲で扱った実績は多く、現在も複数台所有しています。日々の問い合わせが多く一問一答する側ら、掲載内容は検証・リサーチしたモノを含めて得られた情報など知的財産をオープンにしてます。レビュー等をTwitterやYouTubeなどの動画でも発信しています。現在は海外ブランド数社と友好関係にあり、技術的な面と、マニュアルの和訳にも携わってたりします。また、国内でも技術支援しています。此方の掲載内容は有効な情報を得たいと考える愛読者様への無償奉仕です。

EA/F1 23レビュー!〜早速VRでプレイしてみたゾ❣️

(○・∀・)ノ マイド!!

ジェネです🍀*゜

 

EAからリリースされた新しいF1ゲームである"23"を早速VRとヘッドトラッキングでテストをしてみました。

f:id:GenesisPlanA:20230614103530j:image

あと、今回使用したデバイスやPCの環境は以下の通りになります。

 

○SIMデバイス

f:id:GenesisPlanA:20230614104339j:image
f:id:GenesisPlanA:20230614104336j:image

CAMMUS DDWB

SimRacingPro GT-R3Pペダル

f:id:GenesisPlanA:20230614113403j:image

HTC Vive Pro2(5K)

HP Reverb G2(5K)

Pimax 5K plus(5K)

f:id:GenesisPlanA:20230614113420j:image

track IR5(ヘッドトラッキング)

ヘッドトラッキングに関してはゲーム内設定で使用するかしないかのON/OFFがあるので、使うならONにしましょう。

 

f:id:GenesisPlanA:20230614104414j:image

因みにCAMMUS DDのFFB設定はこの様になりました。縁石に乗った感覚や路面の畝りなどの情報がゲームにあるならばFFBとして表現してくれます。

 

○ゲーミングPC主要環境

f:id:GenesisPlanA:20230614104802j:image

AMD Ryzen9 7900X

Nvidia GeForce RTX4070Ti

メモリ32G

 

▫️VRプレイでの結果と感想

f:id:GenesisPlanA:20230614104900j:image

いちばん酷な条件であるフルグリッドとウエットコンディション。

このゲーム🎮実は前作よりもグラフィックが上がってて綺麗になってるもののVRの負荷においても軽くなってる気がします。しかし、如何せん元々重たい部類になるので、今どきハイスペックゲーミングPCでも敷居が高い。

画質設定は「VR低画質」「VR中画質」「VR高画質」と3水準でテストしてみたものの、ウエットコンディションでは表現の差が出る。

個人的には「VR低画質」だと前走者が巻き上げた水飛沫が飛び込んでくる表現が濃霧みたいになるので著しく視界が悪くなる。これでは密集地帯で競ってる時に接触しそうになる可能性は高くなる。

https://twitter.com/genesis_plan_a/status/1668591400852795392?s=46&t=kWHt1anbQoz_YidhiX-W9Q

5KクラスのVRでもガクンと重たくなる傾向ではありますけど、プレイ出来ない程では無いので、過剰に重たいなと思ったら止むを得ず「VR低画質」に落としてプレイしよう✊

 

CPUの負荷は20%程度、メモリは27%程を指していた。フレームレートは45〜48fpsとスタート時に若干カクツクのが「VR高画質」設定なので、現状の理想としてはストレスフリーな「VR中画質」がオススメ。

それでも十分に綺麗なんだけどね(笑)

 

f:id:GenesisPlanA:20230614110640j:image

https://twitter.com/genesis_plan_a/status/1668593067128152067?s=46&t=kWHt1anbQoz_YidhiX-W9Q

ドライコンディションでの負荷テスト。実はコース周りの環境がやや濁るのが「VR低画質」で、「VR中画質」以上は至って綺麗。

フルグリッドでのスタートにおいて、若干のカクツキを見せたのが「VR高画質」設定だ。

密集地帯を抜ければスムーズになるので、スタートから序盤のカクツキがストレスにならないなら、余りオススメ出来ないけど高画質設定にするのもアリな選択肢だと思う💡

f:id:GenesisPlanA:20230614110637j:image

https://twitter.com/genesis_plan_a/status/1668592318377762824?s=46&t=kWHt1anbQoz_YidhiX-W9Q

個人的に現状のプレイ環境で維持できるのは「VR中画質」設定が無難に良い感じがしました。

ウエット・ドライ共に今のところスムーズに動いていますし、それほど画質も落ちてないので気分を阻害する要素も少ない。

現状、ドライ路面コンディションにおいてはリフレッシュレートは50fps半ば位しか出てないけど、瞬間的なカクツキはほぼ無いのがこの「VR中画質」設定。

 

このゲームの全体の作りとしてはGPU(グラフィックボード)に依存傾向であるので、CPUさえそこそこのスペックにしていれば後はGPUを強化するだけで5KクラスのVRで快適にプレイ出来るだろう🤔💭

f:id:GenesisPlanA:20230614113526j:image

ASSETTO CORSA COMPETIZIONEもVRプレイにおいては激重なレーシングSIMだけど、それよりはF1 23に関しては全然軽い。

f:id:GenesisPlanA:20230614113603j:image

ただ、このゲームは前作も今とは比較にならないくらいに激重ぶりな状態でスタートしているものの、後のアップデートで軽くなる傾向ではあるので、更なるシェイプアップをして欲しいと思う。

VRプレイにおいてのコックピット視点はクッキリだ💕

f:id:GenesisPlanA:20230614113850j:image

そして、ヘッドトラッキングシステムである、track Ir5。実は私自身、VRプレイにおいてクソ重たいSIMに関してはコレで環境を補ってます(笑)

VRみたいな空間にスッポリと座っちゃってる感じは無くなり、空間認識は平面モニターと変わらないが、コイツの利点は低負荷で視線を変えられるという事がポイントだ。

f:id:GenesisPlanA:20230614114124j:image

私自身のプレイ環境はVRに重きを多ているので、なるべくゲーミングPCに余計な負荷は掛けまいと、メインモニターは湾曲ウルトラワイドを採用している。これにヘッドトラッキングを使えば両サイドのミラーも見えるばかりかサイドバイサイドのシーンにおいても重宝する。

負荷的な観点から言うと、モニターと同じ負荷なので使わないのと負荷は変わらない(笑)

実際にtrack IR5でのプレイにおいてはゲーム内の画質設定は最高にしている。

空間認識という観点からはVRには負けるけれど、視界確保という面においてはコレで全然問題ないのだ☝️💡

私も元々、コレでやってましたからね(笑)

 

▫️F1 23をプレイしてみた感想

f:id:GenesisPlanA:20230614114755j:image

各ご家庭で構築されているSIMプレイ環境って様々ですけど。

私の環境での感想だと前作の"22"より楽しい(≧∇≦)

大きく向上したグラフィックと、ホイールコントローラーから繰り出さられるFFB(フォースフィードバック)も従来の作品より味付けされてる気がしました。

f:id:GenesisPlanA:20230614115245j:image

CAMMUSだからそれを表現出来てるのか?と言われますと、まだ手持ちのSIMデバイスを載せ替えてまでテストはしてないので一概は言えないものの、新作である"23"は走ってて楽しいと思えたのである。

限りある時間の中でのプレイでしたが私の率直な感想です🤗

 

今後、VRプレイにおいても低負荷になる様な処置をしてくれると嬉しいです。

 

それでは!今回はこの辺で!

アディオス!!( -`ω-)b💕